ホーム

記事一覧

RSS

神宮外苑火災「白熱電球使った」 LEDだけの予定変更


 東京・明治神宮外苑であったイベント「東京デザインウィーク」で展示物が燃え、男児(5)が死亡、2人がけがをした火災で、燃えた展示物を作った学生が、「(展示物を照らす照明に)LED電球とともに、白熱電球も使った」と話していることが警視庁への取材で分かった。本来はLED電球だけの予定だった。白熱電球はLED電球よりも表面温度が高くなる性質がある。焼け跡からは投光器に使われていたとみられる白熱電球が見つかった。

 火災は6日午後5時15分ごろ発生。日本工業大学の学生らが作った木製のジャングルジムのようなアート作品が燃え、遊んでいた東京都港区の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)君(5)が死亡し、父親(44)らがけがをした。

 四谷署によると、ジャングルジムの中心部分には、木くずが絡みつくように飾り付けられ、上下からライトアップされていた。本来はLED電球だけで照らすことになっていたが、作業用に持ち込んだ白熱電球が付いた投光器も使い、下からも照らしていたとみられる。署は、この白熱電球の熱が木くずに伝わって燃え広がった可能性があるとみており、7日午前、業務上過失致死傷容疑で現場検証を始めた。

<以下省略>

※引用元:

神宮外苑火災「白熱電球使った」 LEDだけの予定変更:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJC731X5JC7UTIL005.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 理科の実験で分けの解らない化学反応教える前に、白熱電球が超高温になる、あたりまえのことを教えない今の学校教育が招いた結果。 この学生さんも可哀想でしかない。
  • 白熱電球とカンナ屑…。発火装置そのものだ!これを作った学生は大バカ者と断言できる。バカを見逃す主催者も同罪だ!
  • 工事現場とかで闇を照らす時に使うあれで照らしてたとか。そらおがくずに引火して燃え上がるわ。亡くなった子どもさんも、目の前で愛息を失った親御さんも不憫すぎる。
  • 隈健吾や中田英寿や佐藤可士和や森ビルオヤジたちは金を持っているので、10億円くらい、お香典を出すべきだ。
  • 下らない作品ばかりの展示。亡くなった子は、アートと言うなの犠牲者。アートと言う名の言葉を借りて、自己満を出したあげくの業務上過失。殺人。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: