ホーム

記事一覧

RSS

地下鉄延伸工事で大規模陥没、岩盤見込み違いか 博多


 8日早朝、福岡市博多区のJR博多駅前で、市営地下鉄延伸の工事現場上の市道が陥没した事故で、市は、工事が原因だったとして謝罪した。掘り進めていた岩盤の上部が少しずつ崩れて水が漏れ出し、急激に陥没したと説明。岩盤が見込みよりもろかった可能性があるとみている。市幹部は「陥没対策に万全を期したつもりが万全でなかった。深く反省をしている」と述べた。

 市などの説明では、陥没現場は、地下水を含む砂や泥などの堆積(たいせき)層の下に硬い岩盤があり、地下約25メートルの岩盤層にトンネルを掘り進んでいた。まず幅9メートル、高さ5メートルの半円状のトンネルを掘り、幅15メートル、高さ7メートルまで徐々に広げていた。

 ところが、8日午前4時25分ごろ、岩の表面がぽろぽろとはがれる「肌落ち」と呼ばれる異状に作業員が気づいた。コンクリートを吹きつけて対応したが、落ちる勢いに追いつかず、午前5時ごろには、トンネル上部の岩盤層で遮られるはずの地下水も漏れ出した。止めきれないと判断した作業員9人が地上に退避してすぐに陥没が始まった。市交通局は「何らかの原因で、想定よりもろかった岩盤が突き破られ、地下水がトンネルに流れ込んだ可能性がある」と説明した。

<以下省略>

※引用元:

地下鉄延伸工事で大規模陥没、岩盤見込み違いか 博多:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJC85KNXJC8TIPE04B.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • JR博多駅前の陥没事件は、「憲法改正、TPP批准、日本売国」に血道を上げる、安倍一派の終わりを告げる事件だと思うぜ。
  • 現地の地盤診断したジオサーチの社長が日テレで専門家として登場、「地盤に問題なかったから工事のミス」って言ったのやっぱり保身?
  • 東北新幹線が上野から東京駅乗り入れを果たしたが、建設中の1990年(平成2年)1月22日には御徒町駅付近の春日通り下を工事中に道路を陥没させる事故が発生しているが似たような事例か?
  • 博多 TVで教授が言ってたが一帯は地層が一様でなくて事前に中を知ることはほとんどできないみたいこと言ってたね。これからも事故は起こりうるとも言ってたし、博多周辺のビルは危険ではと感じる
  • ちょっとヘコんだってレベルじゃないから、映像で見ると迫力あるなぁ。頻繁に陥没してるみたいだから、この付近を歩くのが怖くなるよね。












































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: