ホーム

記事一覧

RSS

幼児が離陸中に座席を「ハイハイ」 注意しようとしたCAが転倒、骨折


   日本航空(JAL)は2016年11月11日、同社の国内線が離陸中に49歳の女性客室乗務員(CA)が転倒し骨盤の一部を骨折する事故があったと発表した。国土交通省は航空事故に認定し、航空事故調査官を派遣した。JALが航空事故を起こすのは16年度では初めて。

   離陸中に幼児が席の上を「はいはい」しているのをCAが発見して注意したが声が届かず、立ち上がろうとした時に機体が揺れて転倒。全治4週間のケガを負った。

※引用元:

幼児が離陸中に座席を「ハイハイ」 注意しようとしたCAが転倒、骨折

http://www.j-cast.com/2016/11/11283255.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 保護者父親責任ありだアベ。乗客の保護者責任放棄結果で従業員が怪我(;'∀')。
  • CAさん、お気の毒。労災だ。会社が完治までケアだよね。今後のためにJALも「幼児は大人が抱っこする必要が」あると大々的に告知しないと。
  • 治療費は会社が払うんだろうね?航空会社は天下りの温床であり末端社員虐めがひどい。
  • 親に全額請求するべき。無責任で躾も出来ないくせに、『子供がいるから』偉い位に思ってるバカ親が多い。
  • これ下手したら赤ちゃんが骨折、打ち所悪かったら亡くなってる。なんで危機感が足りない親がいるかな。CAさん気の毒。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: