ホーム

記事一覧

RSS

博多陥没事故 埋め戻し部分「強度30倍に」 福岡市長会見

 JR博多駅前の陥没事故現場で14日、行われた地盤の専門家らによる現地視察。作業員からの聞き取りや工事状況を確認した上で会議を開いた専門家らは、「埋め戻した場所の安全性に問題はない」と結論づけた。

 会議後、高島宗一郎市長と福岡大の佐藤研一教授(地盤工学)が現地で記者会見を開いた。

 高島市長は「元の地盤より30倍の強度があり、市民の安心感につながる」と強調した。

 埋め戻しに使われたセメントを混ぜた「流動化処理土」は時間がたてば固まる性質があり、佐藤教授は「今後さらに安全性が高まっていくだろう」と指摘。「今後も空洞調査や地下水のモニタリングをしていく必要がある」と述べた。

 市は14日夜にも道路の通行を再開させる予定だが、高島市長は「今後雨が激しく降れば、日付をまたぐ可能性もある」として、通行再開が15日以降にずれ込む可能性を示唆した。

※引用元:

博多陥没事故 埋め戻し部分「強度30倍に」 福岡市長会見:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/161114/evt16111415400022-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 土は三軸で改良体は一軸。 支持力が30倍と言いたいんだろうけど、そんな取れたっけ。 いらんリップサービスはやめた方が良いのに。
  • 【社会的にかなり信用を失っている「専門家の意見」が市民の信頼を得ることができているかどうかの検証なしの記事になっていないか?
  • 流動化処理土は普通の客土と違って層ごと(普通は30cmごとかな?)の転圧が不要だし日数が経つほど強度が増すしね。
  • ただし、10年そこらの技術なので、年数立った時にどうなるか~って感じかな??カル流出とか経過観察要だな。
  • この技術は世界に誇る土木技術だと思う、関係者の方々お疲れ様です。そしてありがとう




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: