ホーム

記事一覧

RSS

トランプとの対決姿勢を鮮明にしたメルケル


 11月9日にドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で勝利した時、各国首脳は外交儀礼に基づいて同氏に祝いの言葉を贈った。ドイツのアンゲラ・メルケル首相、そして日本の安倍晋三首相が発表した祝辞は、トランプ氏に対する両国の態度の違いを浮き彫りにした。

 安倍首相が当たり障りのない表面的な祝辞を送ったのに対し、メルケル首相は祝辞の中にトランプ氏に対する「毒矢」を埋め込んだ。

 メルケル首相は祝辞の中で、まるで学校の教師が生徒を教え諭すように、ドイツが重んじる価値を並べ上げた。「ドイツにとって、EU以外の国の中で、米国ほど共通の価値によって緊密に結ばれている国はありません。その共通の価値とは、民主主義、自由、権利の尊重、全ての個人の尊厳を重んじることです。人権と尊厳は、出身地、肌の色、宗教、性別、性的な嗜好、政治思想を問うことなく守られなくてはなりません」。

 メルケル首相がこれらの言葉によって、わざわざ「性別、宗教や肌の色、同性愛者か否かで人間を差別してはならない」と指摘したのは、トランプ次期大統領が選挙運動の期間中に、女性、メキシコ人、イスラム教徒、同性愛者を蔑むかのような発言を繰り返してきたことに対する、暗黙の批判である。

 メルケル首相の最も鋭い「毒矢」はその次に飛んできた。それは、「Auf der Basis dieser Werte(これらの価値の前提の下に)」というわずか5つの言葉だった。彼女は、こう言った。「トランプ氏がこれらの価値を我々と共有するならば、私はトランプ氏とともに働く準備があります」。

 つまりメルケル首相は、「トランプ氏がこれまでのヘイト・スピーチで示してきた、女性や外国人、イスラム教徒、同性愛者に対する差別的な態度を改めないのならば、ドイツ政府はトランプ氏と協力する気はない」というメッセージを送ったのだ。同盟国の首相が、次期大統領に「あなたと協力するかどうかは、あなたが一定の条件を満たすかどうかにかかっている」と宣言するのは、極めて異例である。メルケル首相は「あなたとともに働くのを楽しみにしています」という、彼女がこの種の祝辞でしばしば使う言葉も、あえて避けた。

 来年トランプ大統領が誕生した後、日米同盟がどうなるかは、未知数である。それにもかかわらず、安倍首相は祝辞の中で日米同盟を「希望の同盟」と持ち上げた。さらに同首相は、「トランプ次期大統領と緊密に協力し、日米同盟の絆を一層強固にするとともに、アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するために、日米両国で主導的役割を果たしていくことを、心から楽しみにしています」と述べ、トランプ氏と無条件で協力すると宣言している。そこには、メルケル首相が埋め込んだような、トランプ氏のヘイト・スピーチへの批判は込められていない。

<以下省略>

※引用元:

トランプとの対決姿勢を鮮明にしたメルケル

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/219486/111100022/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 勝手にやるが良かろう(笑) 因みに、独政財界の誰が来てもカンパには応じぬ。独国民で痛みを分け合う事だ。 難民?似非左派に言わせれば、弱い日本国民と権利は変わらぬか?(笑
  • 名誉ドイツ国民が誇りにするのは別にいい。好きにすればいい。人権云々を唄うのも高貴なご思想で素晴らしい。ドイツの建国神話(ナチスが悪い!俺らは悪くない!)とJ人のご意向は置いといて。で…(続
  • すでに日が変わったので会員でないと先が読めないけど、それでも冒頭は読むに値するメルケル首相の矜恃! 現実は問題多々だけど、これぞトップが見せるべき姿勢でしょう。
  • 世界に混乱をもたらした欧米型リベラリズムの旗手であるオバマ、そしてメルケル。 プーチン『俺に任せろ!』 トランプ『お前らはクビだ!』
  • 特にメルケルは Trans-Atlantic (大西洋両岸.NATOを裏打ちする概念)の擁護者・最後の砦として強く意識されだした。 NYTもその線で記事を出していたが。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: