ホーム

記事一覧

RSS

米保険大手AIG、日本の生保事業から撤退 損保は継続

 【ワシントン=平野麻理子】米保険大手のAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)は14日、日本の生命保険事業を担うAIG富士生命保険を香港の保険会社に売却し、日本での生保事業から撤退すると発表した。AIGは富士火災海上保険やAIU損害保険などを通じて、日本国内での損害保険事業は継続する。

 売却先は香港の実業家、李沢楷(リチャード・リー)氏が率いる保険会社「FWDグループ」。AIGのピータ…

※引用元:

AIG、富士生命保険を売却 日本の生保事業から撤退

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H1M_V11C16A1MM0000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • まあ、TPPがご破算になる雲行きの影響かな。 日本の国民皆保険制度が、外資の都合よく崩れ落ちるのが望み薄になり、さっさと売り払ったんだろうね。
  • 保険業に外資参入させたのはいいが高額医療に関して難癖付けて医療保険不払い多い上、喰合いでシェア細分化してきつい。
  • 旧ジャレコの買収をしたり、ヒューザーが入ってたビルで有名だったけど最近あまり名を聞かなくなってたなあ。
  • 日本は儲からない市場なのはわかりますが、外資系金融の撤退が激しいですね。" 外資に、金をむしり取られないで、 良い⁉ じじい通信🍁
  • 損保もいつやめると言い出すか分からんな。で、愛車の任意保険が富士火災なんだよねー。 次の更新のタイミングでやめよーかな・・・。

















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: