ホーム

記事一覧

RSS

“なし票”は「『支持政党なし』への投票ではない」 同団体側の請求棄却

 今年7月の参院選比例代表で、無効票とされた「なし」「政党なし」などの投票(なし票)が有効とされていれば議席を獲得できていたとして、政治団体「支持政党なし」と佐野秀光代表が国側を相手取り、最下位で当選した自民党議員の当選無効を求めた訴訟の判決が16日、東京高裁であった。野山宏裁判長は「なし票が同団体を支持した票だとはいえない」とし、原告側の請求を棄却した。

 原告側は「『支持政党なし』の存在や名称は世間に周知されており、投票は有効だ。投票が有効であれば最下位で当選した自民党議員の票を上回っていた」などと主張していた。

 しかし野山裁判長は「投票したい政党や候補者がいないという趣旨で、なし票を投じた有権者が多数いると推定できる。有権者の意思が明確でない投票を有効とすることは許されない」と指摘した。

※引用元:

“なし票”は「『支持政党なし』への投票ではない」 同団体側の請求棄却 東京高裁

http://www.sankei.com/affairs/news/161116/afr1611160023-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • こうした紛らわしい団体名により起きた問題の根本にある、いわゆる無党派層が有権者の半数にまでなった最大の責任はマスゴミにある。その問題を忘れてはならない。
  • ………むしろこういう『前例』を作っておかないと、反則とも言える名前を政党に付ける輩が後を絶たないからなぁ。高裁の判断は全くもって正しい。
  • アイデア自体は悪くない。 とはいえ、ただの「なし」イコール「支持政党なし」はさすがに無理筋。 図々しいのも度が過ぎればただの卑怯である。
  • こいつらなんかのインタビューで、そういう邪な気持ちで決めた政党名じゃないって言ってたけどな。シレっとごっつぁんゴール狙ってんじゃねーか。
  • このような無益な議論を避けるためには,マークシート式の投票にするしかありません。障碍者にも優しいです。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: