ホーム

記事一覧

RSS

外国人客のタトゥー、温泉お断り? 増える訪日客、対応揺れる施設


 訪日外国人が年間2千万人を突破する中、「入れ墨お断り」が多い日本の温泉が外国人客のタトゥー(入れ墨)を巡る対応で揺れている。観光庁の調査では、訪日前に「温泉入浴」を期待する外国人は約3割。条件付きで認める施設がある一方、タトゥーに向けられる世間の視線は依然厳しく、断る施設が多数派のようだ。大分県別府市で今月開かれるシンポジウムでも話し合われる。

 大分県など、全国13カ所に展開する「星野リゾート」のブランド旅館「界」では、昨年10月からタトゥーを隠すシール(縦8センチ、横10センチ)を試験導入し、希望する客に配布した。一緒に入浴した客などから苦情がなかったため、今年4月からは正式に導入。要望を受けて、1人2枚まで利用できるようにした。

 もともと断っていない施設もある。別府市の「ひょうたん温泉」は1922(大正11)年の創業以来の方針。約1割いる外国人客にも「宗教や文化的な背景もあって入れている人もいる。彼らにも温泉を楽しんでほしい」との姿勢で対応しており、過去に苦情やトラブルはないという。

<以下省略>

※引用元:

タトゥー外国人、温泉お断り? シールで隠す、浴場を分ける 対応さまざま 21、22日 別府でシンポ

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/289737


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 金に目がくらみ一過性のもののために開放すればブームが去った時、湯船の中はそれ系の輩ばかり…従来からの一般客が居なくなるって未来が見える。?
  • 柄や場所によらず、総面積で10平方cmを超えない限度でOK、がいい。それでも入りたければ、消してくるんだね。シールで隠すなど、サヨク的発想。
  • 「郷に入っては郷に従え、だから、日本の風習に従うべき」という考えを聞く…が、そういう日本人が外国に行って、そう言われたら。
  • タトゥーを理由に銭湯や温泉宿が入浴を断るのは 違 法 です(旅館業法第5条2号、公衆浴場法第4条)。夏場に汗かいて風呂入るなって人権問題になりかねんぞ
  • 良いと思うけどなあ。第一、入店前にいちいち刺青有る無しを確認なんて失礼な事出来ないでしょ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: