ホーム

記事一覧

RSS

アマゾンが食品や日用品の「1時間配達」を東京23区に拡大 有料のプライム会員専用サービス


 アマゾンジャパンは15日、注文から1時間以内に日用品や食品などを届ける「プライム ナウ」の対象地域を東京23区に拡大したと発表した。これまで対象ではなかった中野、豊島、北、板橋、練馬の6区で配送を始めた。商品数は昨年11月のサービス開始当初の3倍超に当たる6万5千点以上に膨らんでいるという。サービス拡充で、有料会員増加につなげる狙いだ。

 午前6時から午後11時59分までに注文を受けると、1時間以内に配送する。間に合わなかった場合は送料890円を返金するという。全国で5カ所目となる豊島区内の専用倉庫を15日に稼働させ、これまで届けられなかった地域への配送を開始。すでに東京のほか大阪、神奈川、千葉、兵庫の4府県でサービスを行っている。

 年会費3900円のアマゾンプライム会員向けのサービスで、1回当たり2500円以上の注文で利用可能。この時期は水やお茶などの飲み物のほか、ホットカーペットや加湿器などの注文が多いようだ。17日の午前零時の解禁直後にボージョレ・ヌーボーを届けてもらうこともできるという。

※引用元:

アマゾンが食品や日用品の「1時間配達」を東京23区に拡大 有料のプライム会員専用サービス

http://www.sankei.com/economy/news/161115/ecn1611150019-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 歩けばコンビニスーパーがある都区内でやる意味感じない。買い物難民の高齢者向け限定ならわかるけど。
  • SankeiBiz こうゆう「半分無理難題」を「やります!やれます!」と言う配達側と「やれます」と言わせてしまう荷主と両方に責任あり。
  • ボージョレヌーボーなんて、別に一刻を争う必需品じゃない‼︎バカみたい。んで、少しでも遅れたら宅配便の人に文句⁉︎下品なサービス。
  • これを実現するには多品目を在庫できる拠点や安定した物流道路などインフラ拡充が必要になる。不備があれば(事故など)弊害が大きくなる。
  • 僕の住んでる埼玉の陸の孤島じゃ1時間じゃ物理的にムリってもんだ文句は言わない。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: