ホーム

記事一覧

RSS

「お歳暮」贈ってますか? 恒例行事はなぜ消えていくのか


正確な市場データは不明ですが、減少していることは間違いありません。減少どころか、30年くらい前に比べると激減しているはずです。まず、お歳暮が収益の柱の1つだった百貨店各社の厳しい業績がそれを物語っています(注:アベノミクス始動以降は、インバウンド特需の恩恵で業績は一時的な回復を見せました)。

お歳暮の市場規模は、ネットで見られるアンケート調査などから推測すると、おそらく30年前の3割水準(つまり約▲7割減)と見るのが妥当と考えられます。

一方、代表的な年末行事である年賀状(書き)も激減の過程にあります。年賀状の発行枚数は、2003年の約44億6千万枚をピークに、今年2016年は約28億5千万枚へと▲36%減少しており、2017年以降もさらに減るのは確実と考えられます。ただ、年賀状はメールなどに代替されていると見られるため、“年始の挨拶”という観点ではさほど減っていないでしょう。

<以下省略>

※引用元:

「お歳暮」贈ってますか? 恒例行事はなぜ消えていくのか お歳暮激減の理由は景気悪化だけではない | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門

http://www.toushin-1.jp/articles/-/2312


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 疑惑の出る芽は早目に摘むのがコンプラの基本。ウチを始め従業員同士のお歳暮すらNG、年賀状も個人情報絡みで非推奨にしてる会社多い。善悪は別としてそういう時代
  • 今時、企業で下手に贈ったら買収か贈賄もんだし、個人情報保護の観点からも上司部下共住所知るよしないし。盆暮れの真心からとは程遠い贈り物習慣が消えるのは時代の流れかと。
  • 感謝の意を示すことはよいと思うけど、それがお歳暮という商品を送るというスタイルは今の時代に合ってないんだよな。あと、そのお歳暮にまつわるさまざまなしきたりを強要されるのが面倒。
  • 恒例行事はなぜ消えていくのか』~~こんな悪習はなくなった方が良い、お歳暮を送ってヤッタところで何の見返りもないのならムダなことだ、金の余っている奴は勝手にやればいい、最近はお歳暮の買い取り屋まであるのだぞ、バカ!(^O^)/
  • まあ単純に【そんな無駄な予算はない(余裕はない)】昔は上司に対して送るのが当たり前。でも昔勤めてた職場でバレンタイン辞めたら経営者機嫌損ねた(苦笑)















関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: