ホーム

記事一覧

RSS

<駆け付け警護>防衛相、付与を命令…南スーダンPKO


 稲田朋美防衛相は18日午前、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊部隊に対し、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」の任務を付与する命令を出した。20日から順次派遣される交代部隊は12月12日以降、これらの活動が可能になる。

 命令では、施設部隊の活動範囲を宿営地のある首都ジュバとその周辺地域に限定した。防衛省は、国連職員らを武器を持って救援する駆け付け警護も「活動範囲内におのずと限定される」と説明している。稲田氏は18日午前の記者会見で「駆け付け警護は自己の安全を確保しながら応急的に行う。命令を出したのは私なので、すべてのことの責任は私にある」と述べた。

 交代部隊は陸自第9師団(青森市)を中心に編成され、20日から3回に分けてジュバに派遣される。政府は、駆け付け警護を任務に追加する実施計画を15日に閣議決定した。【村尾哲】

※引用元:

駆け付け警護:防衛相、付与を命令…南スーダンPKO - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20161118/k00/00e/010/219000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 「国際社会の求めに応える」と言うのは、至極当然の事とは思うが、「そうだ!」と言えない国内事情があるのも無視出来ない。 反日等が喚く「紛争に巻き込まれる」のも事実。 然し「他国の誰が殺されようが」と言うのも・・?
  • 自国の一部がつかの間平和なら、他国で女子供が死のうが強姦されようがどうでも良いのがヘイワ活動家。こいつらに途上国の人間を助けようと言う慈悲は一切無い。
  • 事の重大性を無視して自分の思想、信念で政治をされたら困る。そんな想定通りに出来ると本気で思っているのか?隊員は稲田さんのオモチャじゃないんだぞ。
  • 戦場である南スーダンにPKO5原則を破り、禁断の部隊派遣。医官僅か4名、救命体制はぐちゃぐちゃ。隊員にジュネーブ条約上の扱いすらない。
  • お飾り防衛大臣の言うことって怖いよね・・・。防衛大臣という重要ポストに単に女性活躍てなだけで女性を置く。(専門家ではないということです)安倍は防衛を重要視してないのね




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: