ホーム

記事一覧

RSS

地方で自殺が急増した「意外な理由」~日本社会の隠れたタブー(貞包 英之)


今から振り返ると、20世紀の終わりから21世紀初めにかけては「自殺の時代」としてあったことが分かる。

2万人台前半で長い間推移していた自殺者数が、1998年、突如として3万人を超える。以後、警察庁の統計では2003年に3万4427人と統計上最多を記録するなど、15年近く、自殺者数は高止まりを続けた。

そうした自殺はなぜ起こったのかを探っていくと、日本経済の闇と、それと強く結び付いた地方の闇がみえてくる。

たしかに2012年以降、3万人を割り込むなど、自殺問題は一定の落ち着きを取り戻している。しかしそれで全て解決されたわけではない。かつて自殺を増加させたこの社会の闇は、かたちを変えながら、より深く、私たちを取り囲んでいる可能性が高いのである。

 

ではなぜ20世紀末以降、自殺は多発したのか。

<以下省略>

※引用元:

地方で自殺が急増した「意外な理由」~日本社会の隠れたタブー(貞包 英之) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50183


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 千田さんから自殺に関する記事を紹介されました。データを読む事例として気になりました。彼は生命保険との関係を分析します。最後の方で、最近はその関係が不明確になると書いてありますが、本当かどうか考える材料になります。...
  • 「生命保険の普及率は近年減少しているが、貨幣的な保障を遺族や周囲の者に残さない自殺の増加に直結する。就職難や非正規労働化で生命保険加入が減っている若年層に加え、バブル崩…」地方で自殺が急増した「意外な理由」~日本社会の隠れたタブー
  • 高齢者と運転免許証について話題になっているが、地方の過疎地では、やはり車はなくてはならないもの。 むしろ、高齢者が安全に運転できる道路整備などが必要なのではないか?
  • ”多くの中高年の男性が、地方で経済的問題を苦に自殺していく理由は、端的に述べれば、そうした自殺の構造的土台として無視できないのが、20世紀後半における生命保険の普及である。
  • 連帯保証制度も、保険金目的自殺の大きな動機になっている。 またローンの保障で生命保険を加入すると言うことは、自殺への誘惑を増やす。 ・・・・・・・・・・・・・・・・




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: