ホーム

記事一覧

RSS

自閉症のサルを世界初確認 自然科学機構

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが自閉スペクトラム症の特徴を持つニホンザルを確認したことが19日、分かった。遺伝子操作をされていない動物での報告例はなく、世界で初めての確認とみられる。人間の発症者で見つかった遺伝子変異もあった。

 自閉スペクトラム症は自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害の総称で、対人関係が苦手、特定の行動を繰り返すという特徴がある。詳しい原因は分かっておらず、ヒトの近縁であるサルの症例を詳しく調べることで、発症メカニズムの解明につながると期待される。成果は米科学誌電子版に発表された。

 チームは、理化学研究所(埼玉県和光市)で飼育されていた研究用のニホンザルで、人間に懐かなかったり、自分の爪を頻繁にかんだりする個体に着目。他者の行動を読み取る能力を調べるため、他のサルと対面で座らせ、交互に2色のボタンのうち一つを触らせる実験をした。

<以下省略>

※引用元:

自閉症のサルを世界初確認 自然科学機構

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H0E_Z11C16A1CR0000/


管理人の反応

(゚д゚) ワオ!


ネットの反応

  • 先達てボノボも老眼になることが判明した。肉体も精神も余りにも人間的なのなら、そのうち文明を築き、『猿の惑星』になるんぢゃないのか? 同『新世紀』ぢゃ何故か博愛で温和なボノボがヒールだけど。
  • しかしこの猿は普通に群れの中にいたらどのような扱いを受けていたのだろう。今まで確認出来なかったのはやはり生存率が著しく低いからなのだろうか。あまりいい想像ができない。
  • この発見で何をどうしていきたいのか趣旨が見えない。自閉症以前に人間の自称鬱病を根絶するほーが優先やない?ねぇ?利益の為に効かない薬を売りつけてる製薬会社さんw
  • 可哀想に。観察する人間の責任。 猿の気持ちがわかる気がする。 嫌々SEやりはじめた時に、周りの人間の影響で自分でいられなくなった時と同じだろうなぁ。 観察者の嫌な空気がそうさせているのだよ
  • これは興味深い。 今まで居たけど発見できなかったのか、これが初なのか。 初ならば環境的要因が強いということ?!




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: