ホーム

記事一覧

RSS

<日露首脳>20日「特別な会談」…領土交渉地ならし


 【リマ野原大輔】安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日朝)、ロシアのプーチン大統領とペルーの首都リマで会談する。両首脳は12月15日に山口県でも会談する予定で、日本側はその前段として今回を「特別な位置付け」(首相同行筋)と重視している。首相は対露経済協力の具体化をてこに、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を進展させたい考えだ。

 首相とプーチン氏の会談は第1次安倍内閣から通算15回目。今年は5月と9月に続いて3回目になる。今回はアジア太平洋経済協力会議(APEC)の日程の合間を縫う会談だが、外務省関係者は「日露関係全体を前進させるために何をすべきか、率直な意見交換が行われる。通常より長い1時間程度になる」との見方を示す。

 両首脳は5月の会談で、領土問題を「新たな発想に基づくアプローチ」で交渉することで一致した。首相は中小企業交流や都市環境整備など8項目の協力計画をプーチン氏に示した。

<以下省略>

※引用元:

日露首脳:20日「特別な会談」…領土交渉地ならし - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20161120/k00/00m/010/041000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • おはようございます。安倍首相は今朝、秘露の首都リマで露西亜のプーチン大統領と会談。 領土交渉の地均しということだが、大きな期待は禁物。仮に返ってくるにしても先ずは二島のみ、然もかなり高くつく訳で。露西亜はしたたかだ。
  • 日露首脳:領土進展へ20日「特別な会談」…経済協力確認 トランプ氏の件と言い、ロシアの件と言い、民進党や共産党よ、お前らにこの芸当ができるのか?安倍路線は絶対に間違っていない。足を引っ張るだけの野党など、日本には不要だ!
  • これだけの期待を高めて北方領土が全く帰ってこない解決だとさすがに期待感が失望に変わるリスクも高いですが大丈夫なんでしょうか?
  • 言動を踏まえると、安倍総理の目的は我欲がチラついてる。 父安倍晋太郎の遺産であるロシアとの平和条約締結、と観える。 残虐国家と平和条約締結が目的なんて売国甚だしい
  • 平和条約を締結していないのはおかしい、という、 平和条約ありき、な外交をする安倍総理の行動は売国行為。 悪すぎる相手と戦争の講和交渉するのは単なる悪質な譲歩。
























関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: