ホーム

記事一覧

RSS

「すぐにげて!」と津波警報を伝えたNHK 生きた東日本大震災の教訓

 福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震で、NHKは22日、津波警報の発令に伴い「つなみ!にげて!」とひらがなのテロップを津波の到達時間とともに表示した。民放各社も災害報道の特別画面に切り替えて避難を呼びかけた。

 NHKのアナウンサーは「立ち止まったり、海の様子を見に行ったりしないでください」などと力い調子で繰り返した。NHKは、東日本大震災時の報道で「強い調子で避難をするよう求めるべきだったのではないか」などの反省点から災害報道を見直していた。

 これに対しツイッターでは「文字も赤のひらがなで、よかった。私たちは、少しずつ、過去のことを教訓にして改めていくことができる」「今朝のNHKの放送は怖かった。緊急事態にそなえるスイッチがすぐ入った」などと評価する声が上がった。一方、「NHKのアナウンサーのそれは鬼気迫るものすら感じた」「NHKの映像見てると精神的に疲れます」などの意見もあった。

<以下省略>

※引用元:

【震度5弱・津波】NHKの緊迫した避難呼びかけ…ツイッターで「教訓が生きた」や「精神的に疲れます」などの声

http://www.sankei.com/affairs/news/161122/afr1611220087-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • NHKの自己満足で終わらせないで、きちんと効果を検証して欲しいよ。パニックから火の消し忘れで火災が発生しているかも知れないし。
  • 怖くなきゃ意味無いから! お花畑感情論では命は守れません!! ガスだって不快な臭いをわざと付けてるんだぞ。
  • 伝える側にも緊張走るし…恐かったと思います。なので、こうだったと知り涙出ました。言葉が届く事って有り難いな…「すぐにげて!」
  • “NHKは11月22日にも、すべての津波注意報が解除されるまで、警戒を訴え続けていた。決して、津波を過小評価しない。命を守るために。
  • これから先に地震と津波で亡くなる人を1人でも少なくすることが、今生きている自分たちがしなくちゃいけない、震災犠牲者への手向けなんだよ。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: