ホーム

記事一覧

RSS

配偶者控除 夫年収1220万円でゼロ 政府・与党調整

 政府・与党が配偶者控除の見直しで、税収減を避けるために設ける夫の所得制限について、年収が「1120万円」を超えると徐々に控除の額を減らし、「1220万円」で控除をなくす方向で調整していることが25日、分かった。高所得者の世帯の手取りが急減しないよう配慮する。

 配偶者控除は、パート主婦らの年収が103万円以下であれば、夫の所得から38万円を減らし、税負担を軽減することができる仕組み。政府・与党は妻の年収要件を103万円以下から「150万円以下」に引き上げる方向で最終調整している。

 その場合、パート妻がいる世帯を中心に300万世帯強に控除の対象が広がるため、その分の税収が落ち込むのを防ぐには、高所得の世帯を控除の対象から外す所得制限が必要になる。

 政府・与党は、徐々に控除額が減っていく形の所得制限を検討している。具体的には、夫の年収が1120万円以下までは38万円の控除を受けられるが、1120万円超からは段階的に控除額が減っていって、1220万円になるとゼロになる仕組みだ。

<以下省略>

※引用元:

配偶者控除の年収制限、1220万円まで緩和措置 政府・与党が調整

http://www.sankei.com/economy/news/161125/ecn1611250015-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 配偶者控除を増やしても、別で増税して負担を増やす。どこが政権取っても利権の先が変わるだけとは言え、大企業や金持ち、役人ばかり優遇して、貧乏だと損するばかりの政策が目に付き過ぎると思う。
  • いわゆる富裕層への増税は、彼らの海外移住を促進し、結果的に我々への大規模増税となる。働けば働くほど損をする国家は確実に崩壊する。
  • 本質的でないところで迷走感を出して、本来の趣旨に合ってないのを隠してるのかな?結局女性の就労を推進するつもりはないんだ。生産年齢人口急減するのに。
  • 博多の道路陥没。周辺が最大7センチ地盤沈下ってよくあることって意見があるがバカじゃないか。原発と同じだね、安全か。
  • 中小企業のお父さんは1000万以上は愚か、せいぜい500万あるかないかの収入で四苦八苦。大企業向けの政策は不要だ。


















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: