ホーム

記事一覧

RSS

自衛官の母、国提訴へ 「南スーダン派遣は違憲」

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊を派遣するのは違憲だとして、陸上自衛官の息子がいる北海道千歳市の50代女性が任務差し止めを国に求める訴訟を30日に札幌地裁に起こす。平和的生存権を侵害され精神的苦痛を受けたとして20万円の国家賠償も求める。原告の代理人弁護士が25日、明らかにした。

 原告は、実名でない「平和子(たいらかずこ)」と名乗り、安全保障関連法に反対する活動を続ける女性。次男が陸自東千歳駐屯地に勤務している。

 訴状では、PKO協力法は憲法9条に反していると指摘。安全保障関連法に基づき、新たに「駆けつけ警護」の任務が付与されたことにも触れ、武器使用を許容しているのは違憲だと主張する。

 弁護団は「安保法制で南スーダン派遣の違憲性はいっそう明確になった。家族の思いを裁判所にくんでもらいたい」と話している。(坂東慎一郎)

※引用元:

自衛官の母、国提訴へ 「南スーダン派遣は違憲」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJCT3F4KJCTIIPE003.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 所詮パヨクの入れ知恵。実の子供が本当に自衛隊員かどうか疑わしいね。とことんやるなら「自衛隊は違憲」と主張し、子供に除隊を強要してニートにさせ、路頭に迷わせれば良い。
  • 自衛官本人が選んだ職だろ?職業選択の自由があるんだから嫌なら辞めれば良い。本人がどう言っているのかは分からないが、この歳になって親がごちゃごちゃ言うもんかね。
  • 裁判を起こした人物の主張する「平和的生存権」とは何ですか?w 日本国憲法を他国人が日本国外の地で守る義務って無いんですが? そして自衛隊員って同意して就いた仕事。
  • お気持ちは察しますが、海外では自衛隊は軍隊扱いです。入隊した時点で自分の命を国家に捧げているのです。それとも遊び感覚で入隊したのでしょうか?
  • 千歳市と聞くと、イラク人質3馬鹿 高遠 菜穂子を思い出すのだが、これも北海道サヨクにやられた事件。自衛隊は家庭環境までしっかり調査するべきである。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: