ホーム

記事一覧

RSS

「駆けつけ警護」英訳不要 政府、ローマ字で表記

 駆けつけ警護の英訳は「kaketsuke―keigo」――。政府は25日の閣議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊に付与した新任務について「英訳を作成する必要があるとは考えていない」とする答弁書を決定した。公式文書の英訳はローマ字で表記し、かっこ書きで内容を説明している。

 民進党の逢坂誠二氏は質問書で「国連や諸外国の関係機関から誤解を招きかねず、現地で活動する自衛官の生命に危険を与えかねない」と批判した。

 駆けつけ警護は、離れた場所にいる国連職員らを助ける任務を名付けた通称。こうした任務は、外国では軍隊の行動として珍しくないとされる。日本ではこれまで憲法9条が禁じる「武力行使」に当たる可能性が指摘され、その是非が長年議論になってきた経緯がある。

※引用元:

「駆けつけ警護」英訳不要 政府、ローマ字で表記

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H23_V21C16A1PP8000/


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 国内向けに「しない」と説明している事が外に伝わるとまずい、あるいは他国向けの説明が国民に伝わるとまずい、との考えとしか思えない。駆けつけ、の潜在的な相手、敵へのミスリードにもなる。
  • また、世界に恥を晒すことになった。自衛隊は軍隊ではないと言い張り、軍艦も軍艦ではなく護衛艦としてきた。ひと昔前は、戦車を特車とした。もう、ダブルスピークはやめよう。
  • 何でもやたらにカタカナ英単語つかうのに、都合に合わせて日本語ローマ字表記。スーパーグローバルハイスクールと同じくらいのトホホ感あふれる訳をつければいいのに。
  • 右巻き左巻き、新安倍や反安倍とか関係無くなんでこうなるの?う~ん、よく分からないなぁ。 本当は英語圏ネイティブってローマ字って読めないんだよね(英語圏人に聞いた話)
  • 「積極的平和主義」とやらの英訳が、本来の意味のとアべ的意味のとで全然違う言葉だったのを思い出した。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: