ホーム

記事一覧

RSS

若者の消費離れを加速する深刻な4つの要因|inside Enterprise


 11月14日に発表された7~9月期のGDP(国内総生産)は前期比、実質で0.5%増、年率換算で2.2%増と、回復基調にあるように見える。ただ、貢献したのは輸出だけ。GDPの約6割と最大の割合を占める民間(個人)消費は0.1%増と、低空飛行を続けている。

 2014年4月の消費増税から1年半以上もたったのに、なぜ、消費は低迷を続けているのか。特に、若年層の消費が鈍い。

 三菱総合研究所の阿部淳一主席研究員は、若年層の消費低迷には、四つの要因があると分析する。

 第一が「何となく不安の時代」(阿部氏)。三菱総研では11年から「生活者市場予測システム(mif)」をスタートさせ、毎年、3万人を対象にアンケート調査を実施している。それによれば、東日本大震災後の11年6月調査と今年6月調査を比べると、将来の生活に不安を抱いている人の割合は、ほとんど低下していない。中でも、20代、30代の若年層では、「とても不安」と答えた人の比率が、全体の比率よりも高い(図参照)。

※引用元:

若者の消費離れを加速する深刻な4つの要因

http://diamond.jp/articles/-/109491


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 若者の消費離れを加速する深刻な4つの要因[週刊ダイヤモンド] 高度成長期世代の家・車・三種の神器神話や、バブラー世代のブランド信仰と違い、経済成長恩恵が無いロストエイジ以降はミニマルライフ&成長したテクノ万能ナイフ的ツール志向だし。
  • 消費税は上がるし厚生年金保険の料率はガンガン上がったし、消費ができなくて当然では。特に厚生年金保険の料率は許しがたい。これまでロクに払ってこなかった老人世代に払い過ぎなんだよ。
  • スマートフォンの独り勝ちではなくて、スマホを含む携帯電話が生きるための必須インフラになってるのさ。節約家であることはクールなのではなく、若者のお金がない時代が長く行動様式化してるんだよ。
  • 結局、度重なる消費税率引き上げの先送りが元凶なんですよね。少なくとも、将来の社会保障への不安や社会保険料の負担増は、消費増税の延期が直接の原因だと考えて間違いありません。
  • 一応聞いたような顔をして、まだ言うか。実際彼らに降りかかった雇用破壊と貧困を、精神論的な「ワカモノ論」で個人の気分のせいにしてごまかして逃げ続けた。それが最大の原因でしょっての。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: