ホーム

記事一覧

RSS

カジノ法案、反対へ=民進

 民進党は1日、衆院議員会館で合同部門会議を開き、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)推進法案への対応を協議した。その結果、反対する方向で大串博志政調会長に対応を一任することを決めた。

 会議には約40人が出席。ギャンブル依存症対策が不十分だとする慎重論が多かった一方、経済効果が期待されるため推進すべきだとの意見も出た。

 会議終了後、大串氏は記者団に、与党が2日に衆院内閣委員会でカジノ法案の採決に踏み切る場合は、執行部全体で改めて国会対応を確認する意向を明らかにした。 

※引用元:

カジノ法案、反対へ=民進 | ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2525970


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • ギャンブル依存症への対策がダメなら、町中にあるパチ屋に、入場基準の制定と違反時の罰則化の法案可決が先決だろ。普通に入場基準を設けているカジノが逆に健全な賭博だ。
  • 日本人がカジノに参加する原資を支払った税金にするといい。納税率95%以上を最低ラインとして、納税額・納税回数どちらが下回っても駄目といった感じで。
  • 何でもかんでも自民党がやることには反対する、しかも明確な理由や大替え案もださずに感情論で、そんなゴミ政党が平然と活動できるって国民の怠惰がすぎるんじゃないか?
  • 何でも反対の国賊・民進党。「日本に反対」の社民党と同じだ。カジノ法案に反対するならパチンコ廃止・禁止に動け。パチンコ利権、パチンコ業界擁護の民進党。言行不一致の民進党撲滅。
  • カジノ法案、反対へ=民進(時事通信)なぜ、こんなにも反対意見が少ないのか。カジノのある街がみな一様に潤っているか?あくまでもギャンブル。経済効果がそこまで見込めるはずがない。でも、推進派はそれでいい。利権拡大が一議的な目的なのだから




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: