ホーム

記事一覧

RSS

映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?


 11月16日の夕方、「宇宙開発の新潮流」の筆者、松浦晋也さんから私にこんなメールが届きました。取材に執筆にご親族の介護と八面六臂の松浦さんが「機会があるなら万難を排して」というなら、相当面白いに違いない(彼のブログでの映画紹介はこちらで読めます)。

 11月12日に公開されたアニメーション映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)。戦前に広島・呉市に嫁いできた女性の、終戦をまたいだ日常を描く、という内容は、いかにもお説教されそうな反戦映画っぽいし、「のん(本名:能年玲奈)」さんの声優起用も話題作りのような気がして気が向かなかったのですが、これはもしかしたらと早速映画館を検索したら、当日夜は「え、満席売り切れ?」。

 驚いて翌日朝一番の席を予約し、見に行って、己が先入観を蹴飛ばしたくなりました。すぐに『この世界の片隅に』(こうの史代)の単行本も全巻購入し、原作のすばらしさと、それをどれほど大事にしながら映像化したのかも知りました。

 上映館数が63館という小規模な公開でスタートしたのに、観客動員数が2週連続10位を記録とスタートダッシュに成功、3週目に6位にランクアップしたことも話題になっています。上映館も続々と増加中。

 しかし、原作にたくさんのファンがいるとはいえ、一般的な知名度は決して高くなく、内容も「これは当たる」とは考えにくい。それをこんなに丁寧に(=お金と時間を掛けて)制作し、回収できると踏んだのはなぜなのか。この映画のプロデューサーであるアニメ企画・プロデュース会社GENCO(ジェンコ)の真木太郎社長にお話を伺ってきました。

※引用元:

映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/284031/120100018/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 作家性の強い、良い作品を作りたいってなった時に色々と弊害が出てきてしまうのがアニメで、資金回収するために作家性を排除して「当たりそうな要素」を製作委員会に提示する必要がある。なるほど。
  • アニメは死んだとか言う2chまとめ並みの煽りで評論家ぶってる監督もいるらしいけど、面白い作品がちゃんと評価されてSNSなどを通じて拡がり、偏見なく正当な評価を受ける良い時代になったと思う。
  • マイマイ新子の頃を考えると、今が既に奇跡。あの時は、評判を聞きつけて、なんとかかんとかまだやってる映画館を探して、レイトショーに駆け込んだ記憶がある。
  • アニメ「血界戦線」新シリーズ、2017年に放送!監督は高柳滋仁、映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?、庵野監督経営の「カラー」が古巣「ガイナックス」を提訴、映画「鋼の錬金術師」公開は来年12月に決定など かーずSP
  • 真木「アニメの映画のヒットの常識がひとつも入っていない作品なのに支持されていることが、「こういう映画を作ってもいいんだね」という、業界内外へのメッセージになると、とてもいい」/映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: