ホーム

記事一覧

RSS

[FT]SMAPと重なる疲弊したサラリーマン


 終わりは近い。カウントダウンを1日単位で数える人もいれば、1時間単位で数える人もいるだろう。何人かの熱狂的ファンは、分刻みで計算するかもしれない。だが、運命を避けられない。日本一のボーイバンドは解散する。

※引用元:

[FT]SMAPと重なる疲弊したサラリーマン

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10183810R01C16A2000000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • なかなか酸っぱい翻訳っぽくはあるが、「農奴制の病理」「日本の職業人生の濃縮版」は強い言葉。アイドルグループ解散の一つではなく、文化的な問題として受け止められるのは当然。
  • つらいが良い記事。『日本の観客にとって参考になる3つ目の基準は、途方もない成功を収めながら、SMAPのメンバーは所属する会社の所有物だという、なかなか消えない感覚だ。農奴制の病理』
  • 「○○に耐えて頑張りました」は本当に日本の消費財になってる。消費=現状の自らの不満から目をそらさせる効果>[FT]SMAPと重なる疲弊したサラリーマン この重責は日本中で広く感じられている。また広く称賛され、広く食い物にされている。
  • 仕事って何なんだろうね。 働き方にも個人個人で選択の自由があるし、雇用契約外のことを強制は出来ないのだろうけど、協力や団結することでしか生まれないものもある。
  • この記事、解釈によっては[[1月時点で解散させてやれば良かった。それがズルズル続いた理由こそ「事務所優位」の現実だ]]とも読める。なかなか斬新な記事(あくまでわたしの解釈です) [FT]SMAPと重なる疲弊したサラリーマン:日経




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: