ホーム

記事一覧

RSS

トランプ氏、台湾総統と電話協議 断交以来初

 トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統と電話会談した。政権移行チームが明らかにした。米外交筋によると、1979年の米中国交正常化に伴って米国と台湾が断交して以来、米国の大統領や次期大統領が、台湾総統と電話会談をしたことが公になることは初めて。

 トランプ氏は2日のツイッターで、蔡氏を「台湾総統(The President of Taiwan)」と呼び、「私の当選祝いのために電話をくれた。ありがとう」と書き込んだ。「私に電話した」という部分が大文字で記されており、蔡氏からの申し出であったことを強調したかったとみられる。

 米政府は公式には、外交関係がない台湾の総統を名前で呼ぶことが多いが、トランプ氏は肩書で言及した。

 米政府はこのほか、高官が訪米する際は会談場所を政府施設ではなく、ホテルなどを使うことが多かった。いずれも台湾を国家と認めない中国への配慮のためだ。

<以下省略>

※引用元:

トランプ氏、台湾総統と電話会談 米国と断交以来初めて:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJD32TN3JD3UHBI00M.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 取り繕った建前を破壊して正直さを拡げる動き。システムに組み込まれた嘘を喝破するのは、綺麗事でない混乱も伴う難しい仕事。幸福党の新国体論と通底するスタイルだと思う:トランプ氏、台湾総統と電話会談
  • たしかに台湾関係法などはあるが、なにが目的なのか通常の外交的常識から外れすぎていて読み取れない。過去のしがらみを無視する人はなかなか恐いものがある。
  • トランプ氏には迷いが見られない。相当大きな構想力と実行力があるのだろう。もしトランプ氏の米国が台湾を認めたら、へなちょこ安倍首相はどうするのか。
  • ある意味、素晴らしい!中国共産党に遠慮して非礼が過ぎた日本やこれまでのアメリカと一線を画した。トランプだからできること。
  • :日本経済新聞 「トランプ氏は台湾に関する米国の政策を十分認識した上で蔡氏との電話協議に臨んだ」←陳水扁みたいなマネはするなとクギを刺したのか。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: