ホーム

記事一覧

RSS

組を抜けて8年、口座開けぬ元組員 家裁が改名認める


 指定暴力団「山口組」傘下の組織を8年前に脱退した40代男性が、地元・兵庫県内の家庭裁判所に、改名を認められたことがわかった。6月下旬、経営する会社の給与振り込みに使う口座の開設を申し込んだところ、地元の信用金庫が拒否。男性は、暴力団員などを登録する信金のデータベース(DB)に名前が残っているためだとし、社会生活への支障を訴えていた。

 許可は10月19日付。改名手続きに詳しい弁護士によると、暴力団排除に使われるDBに絡んで改名が認められるのは珍しいという。

 家裁への申立書などによると、男性は上納金を払うのが厳しくなっていた2008年春に組を脱退。今年6月、信金の支店長に「当金庫の規定」を理由に、口座の開設を断られた。組員時の情報がDBに残っているかを尋ねたが回答はなく、支店長は朝日新聞の取材に「個別の案件には答えられない」としている。

<以下省略>

※引用元:

組を抜けて8年、口座開けぬ元組員 家裁が改名認める:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJCX43V5JCXPTIL00P.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 銀行は未だに堅いだけの不適切応対が多い。最高裁で「銀行の判断でよい」とした判例を「最高裁がダメだと言った」とすり替えることも。約款ではない内規も多く客が知ることさえできない。/
  • 改名を認めれば確かに過去はすっかりキレイになる。しかしそれではデータベースが機能しない。問題は個人情報の取扱いは5年と言う運用規則を守らない信金側にあると思う。
  • 辞めたからってブラックリストから消すだの改名出来るだのってどうなの?まだ裏で繋がってる可能性あるじゃん。一度茨の道を行くと覚悟して行ったのなら死ぬまでが筋では?
  • 組織解体後40年以上、満期出所後10年以上、それでも口座を設けることができなくて、子どもの給食費支払いにも困ってる話を聞いたことある。
  • 今の破門状の信憑性はいかほどなんでしょうかね。偽装脱会で会社設立し、しのぎの増加を図るなど無きゃいいなと普通に思うところ。


















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: