ホーム

記事一覧

RSS

“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま


 近年、牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスの業績が好調だ。2016年3月期決算は、営業利益が前期比384.9%増の121億円と大幅に増益。11月8日に発表した9月中間連結決算も、最終利益が前年同期比98.2%増の49億円となっている。この業績好調の要因の1つは、約6割の店舗で休止していたすき家の深夜営業の再開だ。

 すき家は2014年、深夜時間の営業を従業員1人に任せる(いわゆるワンオペ)など、過酷な労働環境が問題となった。「ブラック企業」という、マイナスイメージが強くなったことで人材の確保が困難になり、国内1985店のうち1254店で深夜営業を休止した。

 あれから約2年半。現在休止している店舗は127店にまで減った。労働環境の改善に取り組んだことで人手不足を解消し、休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開したのだ。同社のどのような取り組みが、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。

※引用元:

“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま (1/2)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1612/06/news013.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 働く場を今更に急遽で整えただけで別段素晴らしくとも何ともない。未だに現場の店舗はバイト程度幾らでも潰しは利くぜとか思ってるの多そうねこの様子だと。
  • ワンオペが問題になったがコンビニの入荷時間帯とか一時的に出入り止めれば良いのにな。ガラ悪かったり頭悪い奴は棚の前で店員の邪魔してたりとあれも問題あるような。
  • 深夜の時給は確かに高いなぁとは思った、近所のすき家ですら1100円超えてたし高い所だと1250円の場所もあったな。個人的に牛丼もう少しだけ味薄くなると嬉しいなぁ。
  • 給料上げるだけが解決法ではない。人を大切にすれば多少安くても人は来る。さらに給料高ければ質の良い働き手が来る。
  • ふうむ。ワタミと並ぶブラック企業の双璧だったゼンショー・すき家、本当に心入れ替えるのか?ワタミが看板変えてステルス化したのと好対照でもすき家は嫌いや/“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: