ホーム

記事一覧

RSS

佐伯の不明女児 父の同僚、山頂死角の崖の下で発見「命の恩人です」祖父が感謝

 大分県警は6日、大分県佐伯市宇目の畑で5日午後から行方不明になっていた徳永暦(こよみ)ちゃん(2)=同市城南町=を畑から約2キロ離れた山中で発見、保護したと発表した。暦ちゃんは顔などにかすり傷があるが、意識はしっかりしており、命に別条はないという。念のため佐伯市内の病院で診察を受けている。

 県警などによると、父親の会社同僚の平山拓也さん(29)が6日午前9時50分ごろ、山の斜面でうずくまっている暦ちゃんを発見した。暦ちゃんはジーパンをはき、長袖シャツにカーディガンを羽織っていたという。

 暦ちゃんは5日午前11時半ごろ、母親の理恵さん(29)と祖母佐藤玲子さん(58)と一緒に曽祖父母の家を訪れた。昼食後、曽祖母を含めた4人で隣の畑に出掛け、野菜の収穫作業などを行ったが、母親らが後片付けをしていて目を離した間にいなくなっていた。

<以下省略>

※引用元:

不明2歳女児、無事保護 大分県佐伯市 畑から2キロ、山の斜面

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/293911


管理人の反応

(゚д゚) マジ!?


ネットの反応

  • 無事発見で安堵。捜索隊と別の場所を探す機転をした奇跡。女の子も気温10℃の山で20時間よく頑張った。小さな子供は絶対に目を離さない事。予想外の行動をとる。
  • 確かに前の記事でじいちゃんは「山に行ったとは思えない」って言ってたもんなー『「迷いそうな場所は捜索隊が捜している。あえて考えにくい場所を捜そう」と、山頂に向かって歩き』不明2歳女児、無事保護
  • 素晴らしい行動力❗→「暦ちゃんの父親と同じ会社に勤める平山拓也さんらは「迷いそうな場所は捜索隊が捜している。あえて考えにくい場所を捜そう」」
  • この発想が吉と出た。もっと詳しく知りたい。 平山拓也さん(29)らは「迷いそうな場所は捜索隊が捜している。あえて考えにくい場所を捜そう」
  • ワイも2歳のときに、2キロ離れた公園から勝手に一人で歩いて帰って母親を動転させたらしいからなあ。子供はほんとに思った以上に動き回る。何にせよ本当良かった。
































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: