ホーム

記事一覧

RSS

なぜ?自信過剰の高齢ドライバー 衝撃データ…老いるほど強気「自分は大丈夫」


 岩手県立大の元田良孝名誉教授(交通工学)らは平成20年、盛岡市に住む65歳以上の高齢ドライバーとその家族約1千人を対象に、安全意識などについてアンケートした。

 《安全運転に自信はありますか》 この問いかけに対し、全体の55・4%が「ある」と回答。だが、年代別で区切ると、不可解な“逆転現象”が浮き彫りになった。それによると、「自信あり」と答えたのは、60代では53%だったが、70代で55・7%と微増し、最高齢の80代以上では63・2%に増加した。加齢による認知機能をはじめとした身体能力の低下は、科学的にも明らかになっている。にもかかわらず、老いれば老いるほど、自らの運転に自信を持つという傾向があるという結果が出たのだ。

 一方で同居家族の不安は尽きない。調査では、80代以上のドライバーがいる家族の20%が「(運転が)とても不安」と回答。年代が上がるほど、家族の不安は大きくなっていた。こうした意識のギャップはなぜ生じるのか。元田氏は「運転に自信のない高齢者が免許を返納するため、自信のある高齢者しか残らないから数値が増えるとの説もあるが、私は違うと思う」と指摘。「やはり、自らの衰えを認めたくないから、強気な回答をするということだろう。私も65歳になり、高齢者の仲間入りをしたのでその気持ちはよく分かる」と語る。8年前の調査だが、傾向は今も変わらない。「各種の意識調査でも同様の結果が出ている」(元田氏)という。

 高齢化に伴い、高齢ドライバーは今後も増える見通しだ。警察庁のまとめによると、65歳以上の運転免許保有者数は過去10年間で約730万人増加。昨年末時点では約1710万人にのぼる。認知症が原因とみられる高齢者の事故が相次いでおり、国は対策強化を急いでいる。来年3月には改正道交法が施行。検査で「認知症の恐れ」と判定された75歳以上の運転者全員には、医師の診断が義務付けられ、そこで認知症と診断されれば免許停止か取り消しとなる。とはいえ、多数を占める健康な高齢ドライバーにとって、「窮屈な時代」になったのは想像に難くない。今後もハンドルを握り続けたいと考える高齢者は関西でも多く、各地の自動車教習所で開かれる高齢者講習は盛況となっている。

<以下省略>

※引用元:

なぜ?自信過剰の高齢ドライバー 衝撃データ…老いるほど強気「自分は大丈夫」

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1209/san_161209_8339586129.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • きのう走っていたら赤信号で出てきた車が30kmくらいでノロノロ走り、次の交差点で左折したが、膨れすぎてガードレールにぶつかりそうになって止まった。 ?
  • 71歳、免許は大学4年卒業前の春休みに取得。運転歴は40年位、まだまだ自信あり。少し前までは夜中の運転もOK、が、今はしません。車も自動ブレーキに替え、ブレーキ不使の車間保持を徹底!
  • 地方で車が無くても生活出来るような、税金の使い方を考えれば安倍晋三? メディアも、地方では車が無いと生活出来ない事を取り上げろ。
  • 最近はルール無用で我が物顔な他者(歩行者、自転車、他車)を避ける技術に自信がない。マジで。→
  • うちの父、まさにこれだ…。左のミラーと側面バリバリに擦っても全然気にしてなかったし…。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: