ホーム

記事一覧

RSS

電通、「鬼十則」の手帳掲載取りやめ 上司評価を導入へ

 昨年末に女性新入社員が過労自殺した広告大手の電通は9日、社員手帳に載せてきた社員の心得「鬼十則」を、2017年版から掲載しないと発表した。長時間労働を是正するねらいで、管理職を部下が評価する双方向評価制度なども来年1月から導入する。

 同日開いた「電通労働環境改革本部」で決めた。「鬼十則」は、電通4代目社長の故吉田秀雄氏が1951年に書いた10カ条の遺訓。過労自殺を受けて、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という一節が長時間労働を助長するとして問題視されていた。

 管理職を部下が評価する制度は「360度評価」として導入し、社員の様々な価値観や仕事観を労働環境に反映させるとしている。

 改革本部では、すべての部門で有給休暇の取得率を50%以上にする目標を掲げることや、社員のキャリア開発を重視した評価の仕方を来年1月から労使で協議する方針なども決定した。

※引用元:

電通、「鬼十則」の手帳掲載取りやめ 上司評価を導入へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJD95JVLJD9ULFA03J.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 誰かが死なないと動かない社会。 過労で精神疾患に陥り退社した人達が闇から闇に葬られてきた事実には蓋をする。 日本社会の隠蔽体質は暗くてしかも深い。
  • 上司評価制度は昔やったけどあんまいいもんじゃなかった。電通みたいな体育会系企業が今やったら、無差別逆恨みパワハラが横行しそうな嫌な予感。
  • まあ何やっても無駄でしょう。10時に消灯したところで自宅とか別の場所に仕事を持ち込むだけ。企業の体質なんてそうそう変わるものではない。
  • …「鬼十則」が手帳から消えても、経営陣や管理職の“心の内”からも(その精神が)本当に無くなってくかどうかは、また別の話だと思うけどね(汗)。
  • ついでに、報道に答えた社員の処分がどうなったかも重要でしょう。マスコミさん、報道はしっかり追及しなさいな。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: