ホーム

記事一覧

RSS

大林組、建設現場にサイバーダイン「HAL」導入

大林組は建設現場にサイバーダインのロボットスーツ「HAL作業支援用(腰タイプ)」を導入する。これまで操作性などを実証し、重量物を運ぶ時の腰への負担軽減や作業効率の向上などを確認した。2016年度末までに10台を全国の本・支店に導入し、17年度以降にさらに台数を増やす。技能労働者の担い手不足が問題になる中、現場作業の負担軽減や生産性向上につなげる。

ゼネコンでHALを導入するのは大林組が初めて。HALは腰を動かす時の生体信号を感知し、重い物を運ぶ動作をアシストする。作業者はHALの操作を意識せず作業に取り組める。

HALの台数は、すでに導入した6台に、16年度末までに4台追加して10台とする。採用する業務はOAフロアの床板の敷設や分電盤の運搬などの作業を想定する。

<以下省略>

※引用元:

大林組、建設現場にサイバーダイン「HAL」導入

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00409864


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 今後はサイバーダインと協力し、中腰姿勢を支援できる機能や防水・防じん機能などをHALに採用することも検討する。→生産性向上のためにも今後増えていくでしょうね。
  • こんにちは。長野市北条町のアトラスホームです。住宅の現場でも若手の職人不足は問題になりつつあり、明るい兆しです。
  • 凄いな~!そのうちガンダムみたいのがビル建てたりするんかな。しかし生人間の雇用確保や本来の身体の限界を無視する過労働や、色々問題が出てきそうな気がする(・ω・)
  • 大半が腰痛持ちになりやすい職業者には、これはいいかも。他にも介護・運送など使えそうですね!疲労軽減大林組、建設現場にサイバーダイン「HAL」導入(日刊工業新聞電子版)
  • 技術の進歩は素晴らしいと見るべきか、機械をつけられてまで働かされる人間は哀れだと見るべきか…。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: