ホーム

記事一覧

RSS

空自機フレアに「脅し」は無理? 中国「妨害弾」主張が苦しいワケ


2016年12月10日、中国国防部は航空自衛隊の対領空侵犯措置について、「妨害弾」により安全が脅かされたと発表しました。しかしこれには大きな矛盾があります。そもそも「妨害弾=フレア」とは、どのようなものなのでしょうか。

 2016年12月10日(土)、中国国防部は「中国空軍航空機が、宮古海峡空域を経て西太平洋における定例の遠海訓練に赴いたところ、日本自衛隊が2機のF-15戦闘機を出動させ、中国側航空機に対し、近距離での妨害を行うとともに妨害弾を発射し中国側航空機と人員の安全を脅かした」(防衛省報道資料より)と発表しました。

 これに対して防衛省は翌12月11日(日)、空自F-15戦闘機は中国軍用機に対し、状況の確認と行動の監視を、国際法および自衛隊法に基づく厳格な手続きに従って行ったものであり、「中国軍用機に対し、近距離で妨害を行った事実はなく、妨害弾を発射し中国軍用機とその人員の安全を脅かしたという事実も一切ありません」との見解を表明しました。

<以下省略>

※引用元:

空自機フレアに「脅し」は無理? 中国「妨害弾」主張が苦しいワケ | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/61361/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 何故 防衛省は明白にしなかったのか。攻撃目標に設定されたデータを元に映像で説明すればどちらが悪者なのか世論は理解に向かう。要は状況記録を明確に。〆
  • 寧ろ、早期警戒機と爆撃機に護衛戦闘機の対地・対艦攻撃群を事前通告無しで飛ばした側の国際認識に問題が有る。
  • 国防意識を高る必要がある。次期大統領になれば自国で守る世界に変わる。領空侵犯を許してはならない。一つ譲れば次が狙われる。
  • 南京事件の捏造で大々的に式典をやったり、挑発しながら妨害されたと主張する中国の馬鹿さ加減には毎回反吐が出る!
  • 日本が長期的な下降トレンドを回復しない限り状況は改善しない。長期的な下降は人口問題に根差す。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: