ホーム

記事一覧

RSS

安保理、アレッポ人道危機でロシア非難 緊急会合で欧米

 【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は13日、シリア内戦の激戦地アレッポでの人道危機を巡り緊急会合を開いた。アレッポはロシアが支援するアサド政権軍が反体制派に攻勢をかけ制圧に近い状況。潘基文事務総長は「親政権軍による空爆や処刑により、多くの市民が殺されているとの報告を受けている」と発言、「シリアとその同盟国であるロシアやイランに国際人道法に従うよう求める」と名指しで批判した。米英仏なども同様に非難した。

 ロシアのチュルキン国連大使は会合で「過去数時間で(アレッポでの)軍事行動を停止した」と発言し、人道危機の責任を問う欧米諸国に対して「偽のニュースが氾濫している」と反論した。

 会合後に同大使は記者団に「(反体制派の)戦闘員が脱出するための合意が数時間前にでき、戦闘員は退去を始めた。その過程で軍事行動を停止した」と説明。「アレッポ東部での戦闘は終わった」と強調した。

<以下省略>

※引用元:

安保理、アレッポ人道危機でロシア非難 緊急会合で欧米

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN14H0I_U6A211C1000000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
  • (´・ω・`)もしも習近平が来日したら抗議行動をいつもの人たちは起こすのかしら? “安保理では5日に人道支援のための停戦を求める決議案を採決したが、ロシアと中国が拒否権を発動し否決された。”
  • 『また、ラブロフ外相は「シリア問題とウクライナ東部の情勢をめぐって、両首脳が意見交換をして、両国の立場はほとんどの点で一致している」としている。』 ほとんど一致?
  • 世界中がロシアによるアレッポ市民虐殺を批難する中、わざわざプーチンを自国に招いて得意気な安倍晋三。 この男に外交はできない。
  • で、プーチン会談でしてやられる。米国にはなりふり構わず尻尾を振る。もうどこからも相手にされない国、ニッポン。






































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: