ホーム

記事一覧

RSS

プーチン氏とは隔たり=歯舞・色丹引き渡しで―安倍首相


 安倍晋三首相は17日の日本テレビのインタビューで、ロシアのプーチン大統領が北方領土問題を含む平和条約交渉で、1956年の日ソ共同宣言を起点に据えていることを明らかにした。同宣言は平和条約締結後の色丹島と歯舞群島の日本への引き渡しを明記しているものの「『主権を返すとは書いていない』というのがプーチン氏の理解で日本側と齟齬(そご)がある」と語った。

 プーチン氏は北方領土問題について、これまで「ロシアに領土問題は存在しない」との認識を示している。安倍首相はインタビューで、日ソ共同宣言に基づき歯舞群島と色丹島が日本に引き渡された際は主権も日本に移るとの認識を示し、プーチン氏との認識のずれが改めて浮き彫りになった。

 日本が領土問題の前進のため、ウクライナ問題で米欧と科している対ロ制裁で譲歩するとの見方を巡っては「制裁の解除が条件という話は一切なかった」と強調。領土問題と対ロ制裁を結びつけない意向を示した。「(プーチン氏は)制裁を科されることは不愉快だろうが、それをのみ込んで日ロ関係を前進する価値を理解している」と強調した。

※引用元:

「プーチン氏と隔たり」 歯舞・色丹島引き渡しで首相

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H20_X11C16A2MM8000/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • プーチン氏とは隔たり=歯舞・色丹引き渡しで―安倍首相-→ロシアの野望は凄まじい。政権運営は民主主義ではない。ロシア人はロシア帝政に憧れており、タイミング宜しくプーチン氏は皇帝的振る舞い。クリミアを強奪した国家に経済協力をするということは、中国が尖閣を強奪する可能性を高める。
  • プーチン氏とは隔たり=歯舞・色丹引き渡しで-安倍首相:時事ドットコム 左翼反体制勢力は安倍を右翼の権化のように罵って来たが、対露外交の結末は安倍こそが戦後平和憲法が植え付けた平和ボケの典型的政治家だった事を示す。
  • プーチン氏とは隔たり=歯舞・色丹引き渡しで―安倍首相:手玉に取られる哀れな総理、何十回も会談したと親密さをアピールしてる総理はうそつきかな。プーチンの主張は正しいのではないか。日本の総理なら毅然とした対決姿勢でプーチンに臨め。ロシアは信頼できる国じゃない。
  • 自由世界各国が露経済制裁に努力している中で、己の成果を示さんが為の交渉。露は油以外に何の取り柄もない国、50年待てば相手から領土返還の見返りの経済協力を求めてくる。
  • 外交ではプーチンが一枚上手か? 民主主義先進国とは違うロジックで動いているから、正攻法は通じないと思う。経済協力を先にするのは論外です。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: