ホーム

記事一覧

RSS

「死んだりしないと、不安な気持ちは分かってもらえないのでしょうか」 南スーダンPKO派遣隊員と交際の女性

 【千歳】10次隊は半年間の活動を無事終えたが、現地では7月に大規模な銃撃戦があり、その後も治安の悪化が伝えられていた。派遣隊員と交際する千歳市の30代女性は「半年間が長く感じた」と振り返った。

 派遣隊員の顔が目に入ると、女性は「疲れてそうだったけど、そんなにやせていなくてほっとした」という。半年間の緊張が一気に薄らいだ。

 彼との付き合いは長い。「詳しくは教えてくれないが、南スーダンでは身の危険を感じる怖い思いをしたようだ。『もう行きたくない』と言っている。とにかく無事に帰ってきて良かった」

 派遣前の訓練に臨む彼を見て「彼は覚悟の上で行く。死んでも文句は言えない」と自分に言い聞かせた。1日に1回だけ「大丈夫だよ」という携帯電話のメールが届いたが、気が休まることはなかった。

<以下省略>

※引用元:

隊員の交際女性 「半年間長かった」 南スーダンPKO | どうしんウェブ/電子版(社会)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0349714.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 警察官、消防官、自衛官、皆死と隣り合わせで、日本国民や世界の人々を守っている。私はこの崇高な任務に心より感謝をしている一市民。
  • 北海道新聞らしい記事だ。読んでてしらける。任務が怖いなら自衛官辞めろ。そんな弱い奴は部隊の足を引っ張るだけだ。
  • 軍備を叫ぶ戦争好きを全員強制徴用して一番危険な任務に当たらせる適材適所の法律を作ろう。
  • 南スーダンPKO派遣隊員と交際の女性(北海道新聞) さっきの続き。 今度の部隊からの新任務は相当な被害を生むと思う。ドンパチやってるところに乗り込んだら銃撃戦必至
  • 残念ながら他人を殺して平気で解体できる馬鹿が現れるまでに劣化した日本では理解不可能。










































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: