ホーム

記事一覧

RSS

「キラキラネーム」1位は「唯愛(いちか)」…受験でマイナス評価されても仕方ない?

子どもを命名する際の情報を調べるアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクルーティングサービスは、2016年の「キラキラネームランキング」を発表した。

ランキング1位は「唯愛(いちか、ゆめ)、2位「碧空(みらん、あとむ)」、3位「優杏(ゆず)」だった。この他にも「茉莉花(じゃすみん)」「黄熊(ぷう)」「爽斗(みんと)」など、一見しただけでは読み方が難しい名前もランクインしていた。

親はさまざまな思い入れがあって命名しているのだろうが、いざ、子どもが受験するとなった際に後悔するケースもあるようだ。ネット上のQ&Aサイトには、キラキラネームが受験に不利になると考え、「改名したほうがよいのでしょうか」と質問する人もいた。

相談者は、「キラキラネーム」を子どもに付ける親を避ける学校があると聞き、子どもの受験に不利になると考えたようだ。

<以下省略>

※引用元:

「キラキラネーム」1位は「唯愛(いちか)」…受験でマイナス評価されても仕方ない?

https://www.bengo4.com/internet/n_5477/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • そういう頭の弱い親に生まれた子は同じく頭が弱いことが多い。その親が「受験」の漢字を読めるかどうかも怪しいな。
  • オンリーワンで特別な名前が良くて付けた結果なら、名前で特別扱いも甘んじて受けさせて。まぁ悪い意味の特別扱いだけどw
  • 「名前で差別は良くない」って正論はわかるけど人の心は正論では語れないわけで...あえて責任の所在を問うとしたら、親でしょ。
  • 同等の能力と判断された場合はノーキラキラを採用する私。本人に責任はないが背負った運命を呪ってもらう。
  • この手の名前を見聞きすると、何故いつも安っぽく感じてしまうのだろう。名付け親にはそれが理解できないらしい。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: