ホーム

記事一覧

RSS

「道義的責任はある」市長が賭けマージャン 平日昼に、副市長と 福岡県飯塚市

 福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日昼に市庁舎を離れ、賭けマージャンを繰り返していたことが21日、分かった。西日本新聞の取材に対し、2人は「道義的責任はある」と認めた。賭け金は1日1万円程度という。副市長が第三者から市内の元店舗に出入りする画像を突きつけられて交渉を迫られ、飯塚署に相談していた。メンバーには来年4月に市施設の指定管理者となる事業者の社長も含まれていた。

 店は普段は営業しておらず、2人が来るときだけ開いていた。2人によると、市長は2006年に就任して以降、副市長も数年前から訪れていたという。

 市長と副市長は地方公務員法で規定される特別職で、勤務時間は決まっていない。斉藤市長は取材に対し「市長になってから行っていた。何回かは分からない。開庁中に(役所を)抜け出してマージャンをしていたのには道義的責任がある」と話した。田中副市長は平日午後の公務が入っていないとき、秘書に「昼から休む」と告げて行っていたという。「決裁が滞ることはなく、公務に支障はなかったが、道義的責任は残る」と話している。

<以下省略>

※引用元:

飯塚市長、賭けマージャン 平日昼に、副市長と

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/297257


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 市長の社会通念は一般人と違うらしい。 しかもタカリを受けて警察に泣きついたから事件が発覚ってどうしようもないな。
  • 市議会で「心よりおわび」 相手は知人らしいけど業者だし、『便宜供与無し』は疑わしい。検察が動く可能性もありそう(- )
  • マージャン店に出入りする画像を第三者に突きつけられて交渉を迫られ、飯塚署に相談していた。 倫理観が欠如してるよね。公務員には常に「市民の目」があるという意識が大切だ!
  • LINE NEWS >斉藤市長は「社会通念上、許される範囲。賭けなかったら全然面白くない」と語りました。 社会通念とか言ってるけど相当ロックだな
  • つい数十年前まで泥棒村があった飯塚市なんだから、このくらいの遊びは地域社会の通念上許されるべき。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: