ホーム

記事一覧

RSS

地元区長「ふざけるな」=「遅過ぎた」歓迎も―「もんじゅ」立地の福井・敦賀

 高速増殖炉「もんじゅ」が立地する福井県敦賀市。「地元の中の地元」と言われ、もんじゅを受け入れてきた白木地区の坂本勉区長(61)は、「こんなことをやっていると国として成り立たなくなる。ふざけるんじゃない」と怒りをぶちまけた。

 白木地区には15世帯約60人が暮らす。坂本さんによると、昔は半農半漁で生計を立て、世帯数は明治の頃から常に15軒に保たれてきた。土地や資源が限られていたため、世帯数を増やさないしきたりがあったという。

 坂本さんは、もんじゅが地区に及ぼした効果を「交通の便が良くなり、就職の選択肢が増えたことが一番大きい」と話す。今は農業を営む住民はおらず、漁業に携わるのも4、5人だけ。代わりに地区から4、5人が原子力機構に勤め、関連会社で働く住民も7人ほどいる。「もんじゅがなかったら今の地区があるとも思えない。もんじゅがあって良かった」と語る。

<以下省略>

※引用元:

地元区長「ふざけるな」=「遅過ぎた」歓迎も―「もんじゅ」立地の福井・敦賀 | ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2560908


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • これが沖縄の明日だな!基地の仕事や米軍人相手の商売、軍用地の借地代、無くなれば飯が食えなくなる沖縄人が一杯居るよ!
  • 地元を叩く意見も多いけど、民主党政権が改革(笑)やったのが直接の原因だかんな!用済みだから死んでねって言われたらそりゃキレるわ!
  • 甘い考えと夢見たいな将来…。 成功もあれば失敗もある…。 そもそもリスクを理解していたのかは疑問だが、当時に判断が出来なかったのかと…。 地元区長「ふざけるな」=「遅過ぎた」歓迎も―「もんじゅ」立地の福井・敦賀(時事通信)
  • 結局ほとんど成果を上げられないままの金食い虫施設だったから、廃炉は当然だが、廃炉費用は・・。 →地元区長「ふざけるな」=「遅過ぎた」歓迎も―「もんじゅ」立地の福井・敦賀(時事通信)
  • 国家プロジェクトとはいえ原発リスクを負って働いてきた人には感謝するべきだろう。お金で批判している人は自分の地域に原発誘致すればいい。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: