ホーム

記事一覧

RSS

蓮舫代表、女性問題の初鹿青年局長辞任やっと認める

 民進党の蓮舫代表は22日、今年最後の定例会見で、「週刊新潮」に女性問題を報じられた同党の初鹿明博衆院議員(47)が青年局長の辞表を提出し、肩書から外れたことを明かした。

 「週刊新潮」によると、初鹿氏は今月のとある日、20代の舞台女優と新宿・歌舞伎町の焼き肉店で食事をした後、この女性をラブホテルに連れ込もうとしたが、手をふりほどかれたという。強引に連れ込もうとする現場の「証拠写真」も掲載されている。

 初鹿氏は、その直後に同誌の直撃取材に「ホテル行こうって、相手もいいって言ったからね」「女房とセックスなんてもうしてないからね。みんな奥さん以外に、はけ口求めていると思うよ」などと語ったとされる。

 この件を質問された蓮舫氏は、「非常に遺憾だ。インタビューを受けたとする記述が事実かどうか、確認しているが、少なくとも女性に対する言動ではない」と、相当な不快感を表明。21日に野田佳彦幹事長が、初鹿氏に「かなりきつい口頭での厳重注意をした。監督不行き届きかもしれないが、2度とこういうことがないようにしたい」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

蓮舫代表、女性問題の初鹿青年局長辞任やっと認める - 社会 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1755390.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • これが自民党の出来事なら「任命責任、監督責任を徹底的に追及していく」って息巻くんでしょ、この外人は。それが自分たちのこととなるととにかくやり過ごすことしか考えない。ま、これくらい面の皮が厚くないとこれほどふんぞり返っていられないか
  • 初鹿さんとは統一選の時にご一緒したが、その後、銀座で党の都連の若手を連れて高級クラブにつれて行ってたとか聞いたことはあった。そういう意味では起こるべくして起こったことなのではないか。
  • 自分たちに都合の悪いことはダンマリ、ごまかし、甘い処分をする。批判しかせず提案なんて夢の世界。
  • で、民進党は倫理観の薄い、女性を己の『性欲のはけ口』としか見ていないこの下衆男をあってもなくても大差ない、どうでもいい党役職の「辞任」だけで済ませるの?『辞職』ではなく?
  • この不倫議員、家族に申し訳ないとかいう発想がないうえ、公人でもない配偶者を貶める発言するとか、まるで蓮舫のようだ。







































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: