ホーム

記事一覧

RSS

2017年、日本が世界の外交をリードするこれだけの理由(長谷川 幸洋)


激動の2016年がまもなく終わる。大統領が交代する米国、同じく議会に弾劾された韓国、訪日したロシア、そして欧州連合(EU)から脱退を決めた英国。そんな中で日本は来年、世界とりわけ東アジアで存在感を高めていくだろう。

まず12月16日に終わった日ロ首脳会談に対する評価からだ。

民進党の蓮舫代表は「結果として大規模なわが国の経済援助で終わってしまったような印象がある。非常に残念だ。引き分けどころかプーチン氏に1本とられた形で終わったとすれば、国民の一人あるいは公党の代表として残念」と酷評した。

これに対して、安倍晋三首相は直ちに「蓮舫氏は間違っている」と反論した。日ロが検討するのはロシアに対する「経済援助」ではない。経済援助とは、たとえば政府開発援助(ODA)のように、政府が公金で途上国に投融資や技術支援をする話だ。

<以下省略>

※引用元:

2017年、日本が世界の外交をリードするこれだけの理由(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50559


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 悲観する必要はどこにもナシ! ←誰が書いたかと思えば、やはり長谷川幸洋。もうね、呆れて苦笑いしかできない。御用記者、提灯持ち、幇間、スシ友と散々揶揄されても懲りないなんて。リンクを貼るのも惜しい。安倍への絶賛を繰り返すだけ。
  • 長谷川氏は日露会談の成功は中国の反応を見れば分かると指摘。中国の国営通信は「ロシアを引き込み、中国を包囲しようとの考えは希望的観測に基づく妄想だ」と批判。効いてる、効いてる。
  • トランプ氏は環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を明言した。だが、同時に2国間協定を目指す考えを示している。たとえば日米自由貿易協定(FTA)だ。 日米FTA+TPPバージョン2が合意できれば
  • なるほど、ロシアとの交渉は目に見えるほど大きな結実はないが今のところC国を焦らせていることが日本外交の勝利なんだな。シンゾー君、これからも現実的に先を見据えた外交を頼むよ。
  • 今回の日露交渉は一歩前進と言う見解もありますね。 東京新聞の唯一の良心の人の解説ですから信頼度は高いと思う。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: