ホーム

記事一覧

RSS

ネット上の超絶棋士「神の手」 囲碁界騒然、正体は?


 ネット上の囲碁サイトに正体不明の謎の超絶棋士が突然現れ、趙治勲名誉名人と互角の戦いを演じた囲碁AI(人工知能)「Zen」を圧倒したことが、囲碁界で話題もちきりだ。その名は「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」。ほとんど時間を使わぬ高速の打ち回しから、超人的な新手の囲碁AIとみられている。

 Godは11月29日、世界中の囲碁愛好家が利用する囲碁サイト「KGS」に登場し、同月に趙名誉名人との三番勝負で1勝2敗と肉薄した「Deep Zen Go(ディープゼンゴ)」と同じソフトを搭載する「Zen19L」に連勝。12月1日にも再戦し完勝した。

 プロ棋士が驚いたのは碁の内容だ。碁石で境界線を引いて領土の広さを競う囲碁の布石は、少ない石数で効率的に領土を広げられる隅から打ち始めるのが常識だ。Godは1局目は普通の布石を選んだが、2局目の初手は盤の中心・天元に打ち、3局目は天元をはさんだ着点に1、2手目を費やした。

<以下省略>

※引用元:

ネット上の超絶棋士「神の手」 囲碁界騒然、正体は?:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJDM75CMJDMUCVL031.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • "1手あたりの平均考慮時間が5秒前後と異様に短いことから、Zen開発チームの加藤英樹代表は「人間では不可能なスピード。
  • なにこれ超ワクワクする……どこも声明出してないってことは個人かせいぜいどこかの企業が開発したのか……?
  • 初手天元外しって棋譜は滅多に見られないと思うから混乱を狙った感ありそうだな……。
  • どう見ても本因坊秀策の霊に取り憑かれた小学生の犯行
  • こんなニュース見ちゃったら、saiが頭に浮かぶのは必然だと思うの。








































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: