ホーム

記事一覧

RSS

なぜ看護師はナースキャップを付けなくなったのか

 2015年、ベトナムの医療を見学に行った時、懐かしさもあって驚いたことがありました。今は、どこの病院に行っても見られることのないナースキャップを看護師が全員つけていたことでした。

 20数年ほど前、大学病院に勤務していた時、ナースキャップを廃止する運動が勃発していました。不潔だ、髪型に線がつく、カーテンに引っかかる、禿(はげ)るといった理由が挙げられていたように記憶しています。

 看護学校では、看護師になることを誓いキャンドルを持ち、先輩看護師にナースキャップをかぶせてもらう戴帽式(たいぼうしき)があると聞き、いい話ではないかと感じいっていました。

 医師らにこのような儀式はなく、羨ましいとさえ思っていました。心の中に、崇高な思いを明確に刻むことは、人の心を強くするもので羨ましい儀式と思っていました。

<以下省略>

※引用元:

なぜ看護師はナースキャップを付けなくなったのか

http://newswitch.jp/p/7297


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 全く同意。 ナースキャップ着用の義務化を。 そもそも名称を「看護婦」に戻す。 あの世でナイチンゲールが泣いている。
  • 標識としても、衛生面でも、無意味な慣習はなくなった方がよい。そして老害のノスタルジーは本当に有害。
  • 「プロとは、ある崇高な技術や知識をめざし無限の努力をし続けることである」と、教えてくれた先輩の言葉を思い出しました。
  • そういえば、最近見てない気がする。ネットで医療系の画像使う時もナースキャップがあると古臭く感じる。
  • 「アタシが入職した頃はあったなぁ…そう言えば。」と、知り合いのベテランナースが言っていたことを覚えている。懐かしい象徴。








































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: