ホーム

記事一覧

RSS

NHK、テレビ設置「申告制」提示 受信料制度を改革へ

 NHK改革で受信料に関する制度が変わりそうだ。NHKは12月の総務省の有識者会議で、受信契約を結んでいない世帯にテレビの設置状況を申告させる案を示し、事実上、法改正の検討を求めた。一方、インターネットで番組を常時同時配信することになれば、テレビの受信契約を結んでいない世帯からも料金を徴収したい考えだ。

 受信料の水準については、高市早苗総務相が引き下げを求めている。政府は平成29年、受信料を含むNHKの「三位一体」改革の議論を本格化させる。

 NHKが提示した案はイタリア公共放送が導入したもので、受信料の支払い率の向上が確認されたという。NHKの受信料の支払い率は77%にとどまっているが、「テレビがない」ことを理由に契約を結ばない世帯が多いようだ。

 改革案では、契約していない世帯にダイレクトメールを送り、本当にテレビがない場合は申告してもらう。虚偽の場合は罰則を科す一方、申告がない世帯は「テレビがある」とみなす。NHKは「視聴者、国民の理解を得ることが前提だが、契約収納活動の困難性を大幅に軽減できる」と強調している。

<以下省略>

※引用元:

NHK、テレビ設置「申告制」提示 受信料制度を改革へ

http://www.sankei.com/economy/news/161226/ecn1612260031-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 普通、民間企業だったら経費削減とか新商品開発とかで頑張るんだけど、こいつらはカケラも努力しないで強制的に徴収する方法ばかりに腐心すんだな。もはや広域暴力団以下だな
  • 本人が意思の疎通ができなくなるまで請求され債務として残り相続者財産の相続者が支払うことになります。
  • これについては、左右両側の意見が完全に一致してて面白い。受信料って制度自体が今の時代に合ってないってことかな。
  • NHKは金を払って見るスクランブル放送にしろ、テレビの有無申告は時代錯誤の発想、公共放送?、国営放送に改称、税で運営に変えろ。
  • ”アンテナの設置”と同義。それより技術の進歩で番組単位での課金をすべき。民放と同じドラマやバラエティに払う金はない。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: