ホーム

記事一覧

RSS

正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換


 政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。

 安倍晋三首相は副業や兼業について「普及は極めて重要だ」との認識を示している。少子高齢…

※引用元:

正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 日本では、副業の解禁に加えて、生産性高く価値を生み出す人を継続的に輩出する仕組み・教育を整える事が、次に大切になると思う。
  • 労働力不足を補うって意味では、どうなのこれという感がありますが、ちと思うところがあるのでメモ的に。しかし年度内に改定とは随分急で砂。
  • これ、すべて、企業の一人当たりの生産性が低いから。労働者に負わせる形の対策は労働者が疲弊するだけ。労働基準法なとないがしろになる。
  • これって要するに「もう会社に依存するな」ってことですよね。これからは勤め先といえども「主要な取引先の一つ」っていう個人事業主的発想が普通の人に求められるのかも。
  • 退勤後等の作業時間確保には、生産性向上で無駄なつきあい残業等の悪習をなくすのも重要だよね。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: