ホーム

記事一覧

RSS

経産省、繊維統計を改ざん 請負業者が告発

 経済産業省は26日、繊維製品の在庫量などを調べる「繊維流通統計調査」で長年、実態と異なる数値を記載していたと発表した。40超の品目ほぼ全てで改ざんがみられ、10年以上前の数値がそのまま記載され続け、実際の数値と最大で10倍程度の差が生じた例もある。11月に経産省から業務を請け負う業者の告発があり、不正が発覚した。

 同統計は1953年から実施しているが、同省は不正発覚を受け年内で廃止する。政府は統計の精度を高める取り組みを進めているが、同省の対応はあまりにずさん。経産省によると、繊維業の所管部署が調査の回答企業数を水増しし、2016年9月分は有効回答数258社に対し、調査票を配った733社の95%以上が回答したことにしていた。

 各項目の数値も調査票が十分回収できていた当時の数値を“横置き”してそのまま使い続けていた。不正開始時期は不明だが、経産省が発足した01年当時の数値のままだった項目もある。

<以下省略>

※引用元:

経産省、繊維統計を改ざん 請負業者が告発 回答数を水増し、年内に廃止へ

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF26H14_W6A221C1PP8000/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 中国の統計偽装を笑えないね。東京オリンピックの騒動もそうだ。戦後民主主義と、その産物たる団塊世代や新人類が日本を途上国に落とす。 安倍内閣の支持率だって、怪しいものだ。
  • 311以降、政府の情報開示への不信感が募る一方で、統計(データ)に基づいた議論をしようという風潮があったが、これでは、国がいくらデータを出しても信用されない。
  • こういう事態が発覚する事自体は自浄作用の一環として評価出来る。 再発防止も結構なのだが、何故こういう事になったのかの原因追及も併せてやって欲しいと思う。
  • 改ざん実行者の官僚を懲戒免職にすべきであり、管理職の官僚も責任者としての責任を取って辞職すべき。また経産大臣もトップとしての責任をとって減給すべき。
  • 統計の改竄がよくないのは当然だけど、せめて「本当のデータ」は別に管理されてんのかな?それさえないとすると、いったい何を基準に判断してるのか、って事になるが。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: