ホーム

記事一覧

RSS

「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態

「12月に入って、3キロも痩せました」。首都圏のヤマト運輸に勤めるAさんは、入社10年以上のベテランセールスドライバー。体重が減るのは、長時間の肉体労働に加え、昼食の時間が取れないためだ。

「荷物が多くて、まとまった休憩が取れません。12月は、お歳暮、クリスマス、おせちと1年で一番忙しい。朝7時半から夜11時くらいまで働いています」

実質的な時間外労働は「過労死ライン」と呼ばれる月80時間前後。「僕だけでなく、大半がそんな感じで働いているんです」

ネットショッピングの拡大で、宅配便の利用が増えている。国土交通省によると、2015年度の宅配便は37億4493万個。この10年間で約8億個(約27.3%)も増加した。

ショップ事業者としては、Amazonが独走している。インプレスの調査によると、2015年のAmazonの売上高は9300億円。2位のヨドバシカメラが790億円だから、10倍以上だ。楽天については、楽天ブックスなどの直販が対象のため、5位(550億円)。楽天市場を含めた流通総額では日本トップクラスとされる。

<以下省略>

※引用元:

「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態

https://www.bengo4.com/internet/n_5530/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 事業所兼自宅なので約束通り受け取り&出荷(未収荷主)。ヤマトの場合受取主が時間指定もできる。(郵便局はNG)
  • 家にいる時間が限られるので、Amazonでの買い物はほぼコンビニ受け取り。ヨドバシはほぼ店頭受け取り。皆さんいつもお世話になっております。
  • アマゾン利用者として申し訳ない気持。せめて金銭面で報いるために再配達や19時以降の配達は一律100円徴収してドライバーさんの収入になるようにして欲しい。
  • 時間帯指定が配達率を上げる反面足かせになっている。やはり送料無料が一番増大の原因
  • これは今に始まったことではないけど、もはやインフラの一つとして一回で受け取る方法を作るのは急務ですね。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: