ホーム

記事一覧

RSS

日本車に逆風 ミャンマーの中古車輸入、左ハンドルに限定 業者ら反発

 ミャンマーの新たな自動車輸入規制に業者らから不満の声が上がっている。現地紙ミャンマー・タイムズによると、中央政府や最大都市ヤンゴンの当局が渋滞緩和を目的に自動車の輸入を削減しようと、中古車の輸入対象を左ハンドル車に限定するなどの規制を打ち出した。これに対し、国内の輸入業者らは強く反発している。

 同国商業省は11月末、来年1月から中古車の輸入許可対象を2015年以降に製造された左ハンドル車に限定すると発表した。前テイン・セイン政権下での規制緩和によって中古車の輸入が急増し、ヤンゴンの渋滞が一気に悪化したことを受けた措置で、許可対象となる中古車を限定して輸入量を減らし渋滞を緩和するのが規制の狙いだ。

 ミャンマーは軍政下で中古車輸入に厳しい規制を課していたものの、民政移管への流れを受けて10年に規制緩和に踏み切った。同国陸運局によると、緩和を実施してから今年6月末までに47万6679台の個人所有車が登録された。うちヤンゴンでの登録が32万9793台に上るという。自動車販売の9割以上が日本からの輸入中古車とされた時期もあり、新規制が市場に与える影響は大きい。

<以下省略>

※引用元:

日本車に逆風 ミャンマーの中古車輸入、左ハンドルに限定 業者ら反発

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161230/mcb1612300500006-n1.htm


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 日本では売れない、ホ汚染中古車の安価大量流入阻止を意図してかも・・・。 関東東北の大量汚染車両行くところなかったら・・・・。
  • 日本もそうだけど、先進国、発展途上国に関係なく、都市の中の移動手段(地下鉄・MRT・LRT・BRT)の整備が追いつかず、大渋滞になっている。
  • アベはミャンマーのスー・チー氏に8000億円の産業・インフラ整備のための支援を11月2日に約束したが、バラマキ効果なしだったね。
  • > ミャンマーの自動車製造販売協会の幹部は「この規制は韓国車や中国車には有利だが、両国の車は日本車ほど品質が高くない」と牽制(けんせい)した。
  • 政治的な思惑は別として公共交通機関の発達した国では規制もいいかもしれないが…。物流や消費にも影響するんだろうな。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: