ホーム

記事一覧

RSS

私立高の無償化、小池知事検討 年収910万円未満対象


 東京都の小池百合子知事が、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討していることがわかった。世帯年収910万円未満を対象に、都内の私立高の平均授業料の年44万円を国と都で肩代わりする案を軸に、新年度予算に都独自の上乗せ分として新たに約140億円を計上する方針。庁内には慎重論もあるが、小池都政の目玉にしたい考えだ。

 都によると、私立高の授業料無償化は大阪府が世帯年収590万円未満、埼玉県が同500万円未満を対象に実施するなど、全国に広がりつつある。都の案はより対象が広く、「他にない取り組みになる」(都幹部)。小池氏は7月の知事選で、都独自の「給付型奨学金」を公約に掲げていた。

 都立を含めた公立高校の授業料は、民主党政権時代の2010年度に無償化された。都内の私立高校については現在、私立高生の半数の8万5千人程度にあたる910万円未満の世帯を対象に、収入に応じて段階的に国の支援金や都の奨学金を支出している。ただ、私学側からは「公立高と、なお自己負担のある私立高では差がある」と不満が漏れていた。

<以下省略>

※引用元:

私立高の無償化、小池知事検討 年収910万円未満対象:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASJDX04CNJDWUTIL04T.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 良いと思います。本当に「都立にしかやれない」と言う親は多い。親子共に進路の選択肢が増えるのは良いと思うし、収入による学力差是正は大事だと思う。
  • これは反対。一律親の年収で区切るのではなく、それこそ奨学金のように成績優秀者で経済的に困窮してる世帯のみ無償化ならまだわかるけど。
  • タダより安いものはない。無償化すれば学力低下を招く。最近はどこもかしこも自助努力の精神が失われすぎている。
  • やりたい意図はわかるのだけど、こうなると公立学校って存在する意味があるのかなって思えてくるし、私学の方もそれぞれの特色とかどうなるんだろうなとか思うなぁ。
  • ほんま石原都政を長らく続けてきただけあって東京都民はホイホイ喜んでてチョロイな。大阪は公立高校が廃校になってきてんで。学校足らんようになって大阪は泣いてたわ




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: