ホーム

記事一覧

RSS

高齢者による交通事故 免許を返納すれば済む問題なのか

 2016年は「高齢者による交通事故」が大きく報じられ、社会問題化した感もあります。高齢者が運転する車がコンビニや病院に突っ込む事故のニュースをテレビや新聞で見た人も多いでしょう。もしかしたら「高齢者は運転しない方がいい」とか「免許を返納するべきだ」と感じている方もいるかもしれません。ですが、高齢者による交通事故は本当に増えているのでしょうか。結論から言うと、実際には増えているどころか減少傾向にあります。高齢者事故の課題はどこにあるのでしょうか。

※引用元:

高齢者による交通事故 免許を返納すれば済む問題なのか | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20161231-00000002-wordleaf


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 高齢者の基準となる年齢65歳以上の事故の記事では必ずタイトルに年齢を表記し、64歳以下の記事ではタイトルに絶対に年齢を表記しなかった。徹底した偏向報道ですよ。
  • PAGE) マニュアル車はギアー(左手)クラッチ(左足)ブレーキ(右足)アクセル(右足)手足を使う。この操作はボケを防止。
  • 年金で家と車の維持ができるのは 今の老人のみ。これからは維持もできなくなる。そもそも、車もMT一択にすれば事故も減る。ATは障害者や福祉車両のみで良い。/
  • 60なり65歳で一度、返納させるべき。 道を譲ってやったのにドアミラーをぶち当て、当てた感覚すら無い年寄りばかりだからな。 公安委員会が線引きしろ。
  • 今の「高齢者講習」はどんなに技能が低下していても免許が更新できる制度だから、技能が低下してる人は免許更新できないようにすればいい。

















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: