ホーム

記事一覧

RSS

ワタミ「改名」で復調 業態転換が奏功 屋号隠し批判も


 居酒屋チェーンのワタミの業績が回復している。平成20年に新入社員が過労自殺した事件をきっかけに「ブラック企業」のイメージが定着し、客離れを起こしていたが、総合居酒屋の「和民」や「わたみん家」を新業態の「ミライザカ」や「三代目鳥メロ」に転換し、復調している。(黄金崎元)

 「このまま行けば、通期で黒字化できる」。11月に都内で開いた28年中間期決算の説明会で、ワタミの清水邦晃社長は業績改善に手応えをみせた。

 28年中間期の売上高は介護事業の売却などで前年同期比30・6%減の482億円、営業損益は10億円の赤字(前年同期は14億円の赤字)だったが、国内外食既存店売上高は101・8%増とプラスに転じた。「13年以降、半期で100%を超えたのは初めて」(清水社長)だった。

<以下省略>

※引用元:

「和民」「わたみん家」→「ミライザカ」「三代目鳥メロ」…店名変更でワタミ復調! 「屋号隠し」との批判も…

http://www.sankei.com/economy/news/161231/ecn1612310002-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 不祥事続出の明治乳業も明治に「改名」したが、明治HDの今期業績は減益予想。背景は食品事故33件、死亡事故7件、労働争議11件、未だに明治乳業争議を解決しないため。
  • 笑。詐欺会社の常套手段やん。最後には質じゃない?従業員は法令遵守、客は美味い酒とご飯。双方良ければ自ずと変わるさ。
  • 屋号隠しはイヤだね。消費者に対する商品に関する情報提供違反。どうしてもやりたいなら渡邉美樹氏の持ち株を全部売り払ってからかな。
  • 働く人がいてしっかりと営業し経営できているならよい会社です。 ハケンのピンはね派遣業者よりよっぽど素晴らしいです。
  • 業態転換は当然としても、筆頭株主が(有)アレーテー(渡邉美樹氏がオーナー)ってのが、断ち切れていないというか、まだ尾を引きそうだなと。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: