ホーム

記事一覧

RSS

大震災から6度目の年越し 今も仮設に3万9千人

 東日本大震災の被災地は31日、発生から6度目の大みそかを迎えた。津波で甚大な被害が出た宮城県南三陸町の仮設商店街が本格再建に向けて閉鎖。新居で新年を迎える被災者がいる一方、岩手、宮城、福島3県では、プレハブの仮設住宅に今も約3万9千人(2016年11月末時点)が暮らしている。

※引用元:

大震災から6度目の年越し 今も仮設に3万9千人

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H25_R31C16A2CC1000/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 赤字財政で公務員にボーナスを出す政府!国民の仮設解消を!予算は政党助成金廃止!国民の皆様どう思いますか?
  • 他国に税金ばら蒔くより、こういうところに使って欲しい。でも納税者からも特別復興の強制徴収してるのは片寄り過ぎてて疑問。外国人の生保を廃止して日本の被災地を建て直すのが懸命。
  • アベになって何か前進したか? 被災者は楽になったか? 故郷に帰れない人への差別がひどくなっただけではないか?
  • これも見逃せない。もう地元と縁遠くなってしまったから全然分からなくなったけど、そうなのね。6度目ってね。いろいろと。
  • このプレハブ商店街、30日に行ったんだけど年内いっぱいで一旦終わる所だったのか。お客さんもいっぱい来てて賑わってたよ。食事やお菓子も美味しかった。移転先にもいつか行こう。






















関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: