ホーム

記事一覧

RSS

麻生氏「金貸しが金貸さないでどうする」 銀行を批判

 「金貸しが金貸さないでどう商売するのか」。麻生太郎金融相は4日、全国銀行協会の賀詞交換会であいさつし、3メガバンクのトップらを前に新年から“麻生節”を繰り広げた。「目利きはいなくなったのではないか」とも話し、担保や保証に過度に依存せず、企業の将来性をみて成長資金を供給するよう求めた。

 麻生氏は地元で耳にするという銀行の融資姿勢への批判に触れながら、「手数料ではなく、リスクを取ることに銀行の目が向かないと企業はうまくいかない」と強調。低金利環境が続くなか、内部留保を積み上げる企業に対して積極的に設備投資を促す役割を担ってほしいと要望した。

 麻生氏は同日の東京証券取引所の大発会にも招かれ、「国民の金融資産を託された機関投資家には投資先企業との対話を求め、金融事業者には顧客本位の業務運営を求める」と発言。金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックの進化に対応し多様な投資家が安心して参加できる市場にすることで「日本経済・金融の健全な発展につなげたい」と抱負を述べた。

※引用元:

麻生氏「金貸しが金貸さないでどうする」 銀行を批判

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF04H0H_U7A100C1EE8000/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • これは麻生閣下が間違ってる。20年前バブル崩壊時にえらい目に遭わされた課長級は今や重役級、その頃入行した世代は貸し渋りが当たり前で育って課長級だ。20年間放置した自民党が悪い。
  • ホリエモンと並ぶ竹中の盟友にして前科者の木村剛の作った「金融検査マニュアル」が原因じゃないんですか? まずは「隗より始めよ」。 小泉竹中の負の遺産を清算するところから始めないと、デフレ脱却は無理ですよ。
  • 今の銀行ってバブル崩壊とかリーマンショックとかの経緯から国内外のルールで財務体質の健全性求められる面があるから貸したくても貸せないって面あるんじゃね?銀行側の言い分はどーなんでしょ
  • 分からなくもないが、10年前の世界的金融危機の教訓の1つ「返済不要資金による損失補填により危機回避は可能」であり、自己資本(内部留保)の確保は銀行にとって定石や。
  • タロサはほんとわかっとる。 わかっとらんのは安倍さんなんよ。 マイナス金利を活かす政策と、消費マインドをテンションMAXにする政策出すだけやろ? 前者はやろうとしよるけど。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: